~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

クリスマス木工 2016

今年のクリスマス木工。ギリギリになるまでけなりバタバタしていたのもあって、時間がたっぷりあるというわけではなく、一時は「今回はなし」というお断り文句も考えていたほどですが、直前になって幾らか作業できそうな時間を確保。
で、娘にはこんな不思議な積み木。実はこれ、ちゃんと商品として発売しているものを拝借してきたんです。失敬。いろんな積み方できるし、なんだかほっこりかわいいし。オブジェとしてもいけそうでしょ。で、これが意外と大人も遊べる。安定と不安定、バランスとアイデア。

P_20161225_105001.jpg

P_20161225_105837.jpg



そして、息子にはiPadのスタンド。2種類の角度で立てられる。こじんまりとしています。中学生なので、こちらこそ、本当は木工プレゼントなし、の予定だったのですが、当初の予定よりも積み木が早くできたのもあって、息子にもアリ!と変更されたわけです。

P_20161225_110009.jpg

P_20161225_110100.jpg



さらに、我が家のキッチンにもオマケプレゼント。穴あきの箸置き。

P_20161225_110221.jpg

P_20161225_110239.jpg


木工、少し離れてしまうとまた次のを作るのを離れてしまうのですが、やりだしたら楽しいからズンズンやってしまうなぁ。


そして、追加でさらにもう一つ作りました。押し寿司用の型。

P_20161224_174839.jpg

P_20161224_175919.jpg

P_20161224_175951.jpg

P_20161224_180049.jpg

P_20161224_180153.jpg

P_20161224_181813.jpg


これが、バッチリすぎて、あまりのうまさにうなってしまった。
マヨ•わさの炙り太刀魚押し寿司。
文句があったらかかってきなさい。



スポンサーサイト
別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

フォトフレーム、ミニチュアフォトフレーム&箸四膳

先日、家にあったフォトフレームの一つをプレゼントしたので、その入れ替えに新しいのを一つ。
そして、「アソビゴコロ」でミニチュアフォトフレームを2つ、作ってみました。
小さいパーツを45度に切り出すのが難しい!

P_20160415_184614.jpg

P_20160415_184648.jpg

P_20160415_184711.jpg

P_20160415_184718.jpg

P_20160415_184725.jpg



そして、さらについでに、家族用の箸を新調。端材でできるし、カンナ一つあれば、一膳が約5分で作れるし。楽しいし、使えるし。おすすめですよ。


P_20160415_184834.jpg


P_20160415_184842.jpg

別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ピアノのカッティングボード!

お知り合いのピアノを弾かれる方がご結婚されるとのことで、お祝いに差し出がましくもこんなものを作ってみました。

IMG_0417.jpg


IMG_0418.jpg


IMG_0419.jpg


2オクターブの原寸大、カッティングボード。タモの木にウォルナットを埋め込んでいます。
ボンドは、アメリカ製のタイトボンドIII!FDA(米国食品医薬品局)が直接、食品に触れるものへの使用も認可したという折紙付の接着剤。

実際にまな板として使用されるかどうかはわかりませんが、久々の木工、タノシメタ。


別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2015 クリスマス木工プレゼントは壁つっぱり式ホワイトボード

早いものでもう2015年も終わり??!
ブログの更新もままならず、木工も今年はあまりできなかったですが、年末はクリスマスプレゼントということで、作りましたよ。
ホワイトボードが部屋に欲しいというので、考えてみました。最初はイーゼルのような形の製品の写真を見て、「これがいい」と言われたわけですが、イーゼルということは形が三角で、足元は開いているわけで、我が家にそのような無駄なスペースを許すような余裕があるわけではなく、当然ながら、壁に設置ということになるわけです。
ホワイトボードを自作するということで、情報を色々と探ってみたわけですが、「硬質塩ビ板」というのが使えるという情報をゲット。しかし、これは塩ビですので、磁石はくっつかない。くっつけるのならば「カラートタン板のホワイト」という選択肢もあるらしい、などなど。とりあえずホームセンターに情報収集だ。1軒目は、硬質塩ビ板はあったけど、「カラートタン板」は見つからず。2軒目、どちらもあったけど、「カラートタン板」はサイズが「90x45」だったか、思っていたよりも小さいのに、高い。どうしたものか、とりあえずこのトタン板で磁石がくっつくかをチェックするために、トタン板を持ったまま、ホームセンターのホワイトボード用品売り場に移動。磁石をつけてみる。パチン!とくっついた。合格!
あれ?あれれ?
そこで見つけたのは、そのホームセンターオリジナルの、枠付きホワイトボード、90x60cm。そのお値段、なんと手に持っているカラートタン板とほぼ同じ。サイズが大きい上に枠付き。しかも両面使いで裏面はコルクボード。

ホワイトボ

すごいの見つけてしまった!うふふ。


ということで、本来なら、トタン板を買って、それにベニヤ板を貼り付けて、枠も作らないといけないと思っていた手間も材料費も一気にスキップ。うーんいいのだろうか?

同じホームセンターで、8フィートの2x4材、それから、つっぱり機構に使えそうな水道管の部品を買って、総額2000円ほど。

P_20151220_153421.jpg


部屋の床と天井を突っ張る形にして、横棒を三本渡し、枠付きのホワイトボードをちょうど「ふすま」を取り外す要領ではずし、裏返せるようにしています。幅には隙間がないので、指をかけられるように下に穴を作ってます。

P_20151220_153415.jpg

P_20151220_153459.jpg

つっぱりの部材として使ったのは水道用品のパイプ状のネジを切ったパーツ、オスメス。
P_20151223_170435.jpg

これを穴を掘った小さい木材パーツで挟んで、

P_20151224_223531.jpg

天井の側に挟み込んでからレンチで締めていけば、バッチリ使えました。

大きなパーツはこんなもん。組み立ててしまうと、家の中で持ち運べないので、組み立ては設置する娘の部屋で。
P_20151224_223522.jpg


ということで、無事に設置完了!慣れていなくても5分でできるという気軽さ!
P_20151225_134809.jpg

P_20151225_134910.jpg

かなり喜んでくれています。


天井、床つっぱり機構、かなりお安くできることが立証されたので、うまく使えば、部屋の仕切りとか、大掛かりなことにも応用できそうな。。。もちろん、我が家には仕切りが必要なスペースなぞ、どこにもないのですが。。。





別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

おばあちゃんのイス #3

さて、三日目も座面のごりごりです。当初の予定を変更し、全面をRにすることで、一気に座面らしくなりました。





そして、脚をホゾ穴に合わせて加工。ぴったりフィットするまで、少しずつ。。。



一気に椅子らしくなってきた!




そして、脚同士を固定する貫を作る。





貫の固定はピン型のクサビで。
おぉ、何となく見えてきた。






あとは背もたれを作って、仕上げ。一日で、終るやろうか?


別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。