~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2015正月は台湾でスタートしました

あけましておめでとうございます!

この正月は、両親、兄家族と我が家の10人、大所帯で台湾に行ってきました!
人数多いし、ちびっこいるし、シニアもいますので、安全第一。なんとか楽しんで全員が無事に帰ってこられたのが何より。
そして、何でもかんでも美味しかった。

IMG_3495.jpg
巨大なトンポーロー!10人でとりわけ。

IMG_3485.jpg
九份の屋台

IMG_3467.jpg
タピオカミルクティー


正月は旧正月で祝う台湾でも。この4日間は連休ということもあって、どこに行っても人が多い!びっくりするほど多い。「九份」「淡水」「故宮博物院」などの観光地や夜市はもう人が渋滞して動けないことしばしば。

IMG_3459.jpg

IMG_3407.jpg

P1031014.jpg


しかし、何を食べてもうまかった!

IMG_3489.jpg
*これ、「大腸小腸」っていう食べ物。大腸の方はもち米、小腸はウインナー。それをホットドッグのように食べる!

IMG_3484.jpg
これだったら分かる範囲なので、許せるけど。。。

IMG_3382.jpg
エビのコロッケ。ンマシ

IMG_0038.jpg
淡水の夕日!
今回のスケジュールでは、ずっと晴れ。ラッキー!



さて、初めての台湾。安全で気軽に旅ができる国という印象。街を歩いていて、危険はないし、ベトナムのようにバイクも溢れてないし。日本語を話せる人と、英語を話せる人の割合はもしかしたら同じくらいかも。日本語しか話せなくても台北の中なら全然大丈夫って、感じでしょうか。

物価は日本よりも少し安いか。でも実際に台湾でしか手に入らない、どうしてもここで買いたいというようなものにはあまり出会わず。強いて言うなら美味しい料理を色んな種類食べたいねって、そう思う。

日本から近いし、旅もしやすい。機会があれば是非また行ってみたい。今回は台北ばっかりだったので、是非次回は南の方とかね。
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ハノイ~マイチャウ かぞくたび #9 最終回

「第9章 まさかの入院?日本に帰れるの?」

8月28日

10日間のこの旅ももう佳境。しかし、中盤を過ぎて、スピードダウンしている感は否めない。今日もう一度、病院に行って診察をしてもらうことになっている。果たして、体調は?息子の方は幸いにも症状が悪化せず、薬もイヤイヤながら飲めてるし、なんとかなりそう。問題は後発、娘の方。昨日、点滴してもらって少しマシにはなったけど、未だに自分で薬も水さえも飲めない状況。3日連続の病院通い、道もすっかり覚えちゃったじゃないか。ベトナムを出国するのは明日。このままの状態で飛行機に乗れるもんでしょうか?先生と話をした結果、自力で摂取しにくいような状況を考えても、今日はこれからなるべく長い時間、点滴をして、症状を安定させるべきだと。
「なるべく長くというのは?!」
「そうですね、今日一日やって、一度帰って、明日の朝早くもう一度来て、出発ギリギリまで点滴しましょうか?」
「いえ、それが出発は明日の朝なのです」
「じゃぁ、泊まってもらうしかないですねぇ」

安物のドラマで口を割らないチンピラに脅しをかける刑事のセリフみたいな一言。「それって入院?!」
はたしてそれは入院というような正規のものではなく、(そもそもここは入院するような設備のある病院ではないクリニック)夕方を過ぎて帰って行く先生が使う診察室の一つをあけてもらい、診察用の小さな固いベッドで、娘と添い寝というなかなかオツな状況。そしてその間はずっと点滴を続ける。

2014123119423432f.jpg


ご飯は近くにある出前もやってる日本食レストランで注文してくれるとのことで、メニューを見せてもらって、娘にはうどんに味噌汁、僕は豚の生姜焼き定食。ずっとベトナム料理でしたからね、やっぱりちょっと懐かしい味わい。胃に優しいわ。娘は全く食べられないかと思いきや、ゆっくり少しずつではあるけれど、口を使って食べられるようになって来た。そして、それを消化できるようになって来たみたい。

20141231194236860.jpg


延々と点滴を続け、そのまま就寝。といっても、もちろんグッスリと寝られるわけでもないけど、昨日から病院のベッドの横で小さな椅子に座りっぱなしだった体は横になれたことでかなり楽に。夜中に数回目を覚ましたけど、娘もまぁまぁ寝られた模様。

フライトは11時、空港には2時間前の9時には行かないといけないので、ホテルを8時すぎには出る。そこから逆算して7時ごろまでにはホテルに戻って、帰る用意をしないと。荷物を詰めるのはホテルに残っている2人に何とかお願いして、せめてシャワーは浴びたいし。。。まだ外が暗い時間に起き出して、当直の先生に診断してただく。点滴を続けたことで体調はかなり安定しているようだし、なるべく昨日いただいた薬を服用するということで帰らせてもらった。帰りに看護婦のみなさんと記念撮影?!何の記念か、無事なる退院か、もしくは一夜限りではあるけど、ここで時間を共有した証しか。そして、朝のラッシュが始まる直前にタクシーでご帰宅なり。外は雨模様ですが、カッパを着たバイク通勤、バイク通学のアメアラレ。

20141231194845056.jpg




何と不思議な感覚、未だ慣れないホテルに朝帰りとは。ここからは怒涛のように食べて、シャワーを浴びて、荷物をまとめ、ホテルの近辺で友達へのお土産としてタバコを数箱買う。こんなに早い時間だというのに、土産物屋が一軒、開店している。入ってみて、このTシャツ、サイズある?って確認をして、二枚を買おうかと値段交渉。ポケットに入っていたお金、全部でこれだけなんやけど、って見せ、時間がもうないと告げると苦笑いしながらOKしてくれた。

ここからは文字通り娘の顔色を伺いながらの長い帰り道。タクシーで空港へ。無事、時間に間に合ってチェックインして、一路、中国の広州へ。ここで乗り換えのためになんと一泊。ホテルから遠出する元気はすでになく、息子と2人で近辺をブラついて、夕食にケンタッキーを買って帰ったくらい。

20141231194237c65.jpg

2014123119423880c.jpg


クレジットカードはどこも使えない。まぁ、一晩だけだしねぇ。街の食堂には美味しそうなところも少しはあったんだけど、状況的にも精神的にもそれを受け入れる余裕はなく、部屋でユックリ。次の日の朝もまだ真っ暗なうちに動き出して、空港へ移動、無事に帰国と相成りました。娘も息子も帰国した時にはかなり体調も戻っていて、なんとか新学期から元気に登校してくれた。

***********

長くなりました2014年夏のベトナム旅行記。最後まで読んでいただいてありがとうございます!
小さな子供を2人も連れてベトナム旅行?と思われた人もいるかもしれないですが、我が家的にはナットク、シックリ、バッチリの10日間。後半、体調が崩れたことも残念ではありますが、この旅の大切な一部分。旅は出会いと発見。そして、この夏はそれを十分に満喫できたと思います。旅が終わるとまた次に行きたくなってしまう。うーん、次、どうしよう。。。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ハノイ~マイチャウ かぞくたび #8

「第8章 連日の通院から深夜のハノイ徘徊まで」


何だかどんどんと展開して行くこの不安な状況。とりあえず急いでホテルに戻る。結局のところ、今日はお出かけも観光も、何もできない状況なので、ちょっとだけ一人で街に出て買い物。といっても、ダウンしている子供達に何か面白そうなものはないかと、娘にはずっと探していた自分で作れるミサンガのセットを、息子にはダーカウというバトミントンの羽根のようなもので蹴鞠のように遊ぶオモチャとベトナム版のトランプを。帰りにはネットでちょっと調べていた、昨日とは違う、さらに地元の人しか行かないようなバインミー(サンドイッチ)の店に寄る。英語で話しかけても全く通じず、動じず。とりあえずは指で「1」とやってみたら、すんなり理解してくれたようで、お代は5000ドンですと、その金額の札を見せてくれた。幾ら何でも安いねぇ~!って思いつつも財布から出して渡すと、にっこり顔で差し出されたのはただのフランスパン。あら、どうしましょ。受け取った弾みで数歩、歩き出したものの、「イカン、イカン」フランスパンだけをホテルに持って帰ってどうしようもないじゃないか、と踵を返す。おばちゃんに、パンに切り目を入れるような仕草を見せたら、理解してくれたのかハサミを取り出しパンを切ってくれた。で、渡される。。。チャウチャウx2。切って欲しいんじゃなくて、具を挟んで欲しいんですよぉ~。見渡すとあるじゃないそこにパテが。それを指差し、これをここに!みたいに身振り手振りでようやく伝えた。やっとわかってくれたおばちゃん、それならあと10000ドンよって、そらそうやわな。チリソースもつけてくれて、なんとかミッション完了。そして、ここまで苦労して買ったバインミー、さぞかし美味しいだろうと思いきや、昨日の方が個人的には良かったなぁ。

部屋に戻って、お土産を渡すも、娘は完全にダウン状態。息子の方はちょっと良くなったみたい。症状は息子と似ているので、昨日いただいた息子の薬、飲ませてみようとするものの、数分でアウト。クスリは受けつけられないし、水分も摂取できないので、このまま行くと脱水症状が出るだろう。迷っていても仕方ない、昨日と同じく、保険会社に連絡を取る。「予約は入れておくので、もう直接、昨日と同じ病院に向かってください」とのこと。もう手慣れたもんで、タクシーを呼んでもらって、昨日と同じ道を通って、同じクリニックへ。受付に入ると、どうやら保険会社からの連絡がうまく入っていなかったようだけど、状況を説明し、診察を同じ女医さんにしてもらうことに。僕の顔を見て、次に娘の顔を見て、「あらぁ~」って顔されてしまって。。。そらね、昨日と同じ人が、息子の次の日に娘、連れて来たらねぇ。
子供の顔色を見て、症状を説明し、水分が取れていないなら点滴するしかないと。4時間かかりますよ、とのこと。



しかし、ここに来てもスマホのネット環境を持っていてかなり助かった。それがなかったら病院からホテルの部屋になかなかどうやって連絡とっていいかわからないしね。点滴には吐き気どめも入れてもらって、少しずつではあるけども顔色も、反応も良くなって来た。少し落ち着いてくると、この病院のことも少しずつ見えて来た。医師はどうも外国人が多い、それもいろんな国の人がいるような。看護師さんはほとんどがベトナムの人みたいだけど、一人だけ日本の人がいて、だから、患者も日本人はかなり多い。昨日からかなりの数の日本人を見たなぁ。子供も大人も。勤めているほとんどの人はちゃんと英語が話せるし、一部、日本語も使えるというのはこのベトナム旅行始まって以来の高度コミュニケーション!だからといって、この状況。安心というには程遠いけど。今日は27日。ベトナムを出るのは29日。明後日じゃぁないか。しかも早朝。。。点滴が終わったのは夜遅く。症状も安定して来ているので、今晩はホテルに戻り、明日の午後もう一度、受診してくださいということで、薬をもらって帰る。

深夜まで食べられなかったけど、なぜか腹ペコというわけでもなく、かといってちょっと寂しいので、一人で深夜のハノイも街を歩いてみる。なんとなく予想はしていたけど、ホテルの近辺は怪しい雰囲気満載。娼婦やら、酔っ払いやら、声をかけてくる白タク。何となく開いている店がありそうな方向へ歩いて行って、手頃なバー/レストランを発見。



チキンとチャーハンのセットにビールをいただき、長かった一日を振り返る。うーん、お兄さん。ちょっと肉がしっかりと焼けてないですけど。。。いや、まぁいいか。こんな深夜だし。




大音量の音楽をガンガンならしている店に近づく気持ちにはなれなかったけど、もう一杯だけ飲みたい気分。道に勝手に風呂のイスのようなものと同じく低いテーブルを並べた屋台でビールを。



うん、この高さのイス、この旅で初めて座ってみたけど、ハノイの街を、通り過ぎて行く人をこの高さから見るというのも、新しい目線でなかなかよろしい。
さて、考えたくはないけど、もしも娘の体調が戻らずにすぐに帰国できなかったときのことも考えないといけないかな。いやいや、この旅自体が行き当たりばったり、なるようにしかならないし、無理は禁物だけど、悩んだって仕方ない。明日のことは明日。で、いいのかな?!?
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ハノイ~マイチャウ かぞくたび #7

「第7章 ハノイの病院事情なんて」


チェックインして、部屋に入ったら、そのままベッドに潜り込んでウンウン唸っている息子。かなりお腹が痛い模様。しばらくは様子を見ようと思っていたけれど、それが少しずつ、次はどうしたらいいんだろうか?のクエスチョンマークだらけに。


旅先で、海外。病院はどこに?行けたとして、僕らが思っているような診察をしてもらえるのか、ベトナムの病院事情、全くわからないし。こんなこともあろうかと海外旅行保険には入っているんだけど、連絡を入れないと。現地でSIMカードを挿したiPhone、ネットに繋げるだけで電話をかける必要はないと思っていたけど、ここに来て活躍!意気揚々と電話をかけてみる。が、シーン。全くつながるそぶりも見せず。なぜか?はわからないけど、ネットには繋がるのに、電話はかけさせてくれない。仕方ないから、ホテルの部屋から、保険会社にコレクトコール。これもなぜか繋がらない。うーん、海外の電話事情、ややこしいわ。仕方ないので、フロントに行って、事情を説明、結局、フロントにあった電話を使って、コレクトではなく通常の通話で東京にかけてもらい、ようやく話せる。
ここからはとんとん拍子に話は進む。保険会社に事情を伝えたところ、向こうで病院の手配から予約までしてくれるので、午後3時40分に指定のクリニックへタクシーで行ってほしいと。日本語の話せるスタッフもいるとのこと。また、診察の代金は保険会社が直接、支払ってくれるので、大丈夫。タクシー代も後日請求で負担してくれるとのこと。とりあえず、ここまででちょっと安心。

息子の症状は相変わらずだけど、病院に行くまでには時間があるので、元気な娘と2人でちょっと買い物とお昼へ。ブラブラと北へ向かって歩いていると、バインミーの屋台を発見。コギレイな店ではないけど、一度食べてみたかったし、美味しそうなんでトライしてみることに。

どんなものかはっきりはわからないので、とりあえず一つ注文。30000ドン、約150円也。フランスパンの間に肉や野菜を挟んだ、ベトナム版サンドイッチ。これがドデカイ&そして、この街の雰囲気にマッチするウマサ。

そして、2人で一つという分量もバッチリ。ハノイの屋台で自分の顔の大きさほどのバインミーを美味しそうに頬張る我が娘。ちょっとこの旅でタクマシクなったかなぁ。


その後、通りごとに様々な専門店が密集する、36街や超巨大なドンスアン市場の一部を見て回り、娘はおもちゃ屋で小さな人形を買い、帰りにもう一度、バインミーの店に立ち寄って、お土産を買ってホテルへ帰る。

息子の症状は相変わらず、顔色はあまり良くない。時間が来たので、いざ病院へ。保険会社が予約を入れてくれたのは、「Family Medical Practice」というクリニックでタクシーで20分ほど。どんなところか、どうなるのか、全くもって予想もつかぬ状況。病院に付き添うのは僕の担当、娘たちはその時間、ホテルのプールで遊ぶらしい。フロントでタクシーを呼んでもらって、待つ間も、つらそうな息子。


受付に入ってすぐ、「We made an appointment...」と話しかけた途端、返って来たのは意外にも、「保険会社からご予約いただいている杉田様ですね」と。受付の方、日本人でした。なんと、精神的に助けられたことか。保険のこともあって、たくさんの書類に記入をして、診断を受ける。担当していただいた女医さんは日本人でもベトナム人でもなく、おそらくフィリピンの方でしたが、ここのところ、聞き疲れて来たベトナム人の話す英語ではなく、 とても綺麗で聞き取りやすい英語。普段、自分ではほとんど使うことのない病院での英語、しかし、こんなとき、意外にも役に立ったのは普段、好きで見ている海外ドラマだったのだ!「ER」「Dr.ハウス」「サード・ウォッチ」とか。聞き流しているだけで英語が!って本当だったのね!??まぁ、冗談はさておき、診察、検査をしてもらって、待合室で結果待ち。1時間ほど待ち、詳しい検査結果は後日だけど、今のところ、深刻な状態ではないので、薬を飲んで、大人しくして様子を見てくださいと、無事に病院を出る。それで息子も少し落ち着いたのか、顔色も心なしか良くなって来た。明日、ハロン湾に行こうと言っていたのは延期だね。明日は調子が良ければ、近場のバッチャン村へ出かけて、焼物を見るとかかな。ハロン湾は、行くなら明後日。

さすがに晩ご飯に外食するわけにもいかず、初日の昼に食べた「New Day Restaurant」はテイクアウトもやっていたのを思い出して、買い出し。ベトナム風豚の角煮、ティッコートー。烏賊のフライ。フォーの焼きそば。頼んだわけではないけど、これに山盛りのご飯が2つもついて、1000円ちょっと。どれもかなり美味しく、どれもかなり油っこい。

ほとんど食べられない息子には、ホテルのすぐ近くのケーキ/パン屋で見つけた抹茶のプレーンケーキ。これが意外といける。
息子のもらって来た薬は、日本のものに比べて、かなり飲みにくいようだけど、症状は快方に向かっている様子。まだ食べられる状況じゃないみたいだけど。心配は尽きないが、とりあえずいい方向に向かっているんじゃないかと自分に言い聞かせつつ就寝。
夜中、息子ではなく、娘が下痢。ひどくはないようだけど。

8月27日。朝起きたら、息子は結構マシになったみたい。バッチャンに行くかはまだ様子見。少しは出歩けそうということなので、4人で街歩き。ベトナムに来たら、どうしてもカゴを買いたかったというリクエストにお答えして、カゴ屋さんへ。間口、5mほどの小さな店。入り口あたりに展示しているカゴ、20個くらいか。


声をかけたら、こっちにおいでと店のおじさんが店内に手招き。着いて行くと、奥へ入って、さらに階段で上へ。しかも、その階段がまっくら。家族4人でどこに連れて行かれるの?間もなく3階へ到着。そこはまさしく、カゴヘブン。。。何百というカゴの山。


上から、下から、カゴというカゴを引っ張り出して、品定め。めぼしいもの、6点をひとまとめにして、まず言われた値段が800000ドン。値切って値切って、450000まで下げたものの、それ以上はあり得ないと言われ、思ったよりも高かったようで、一時退散。冷静に考えて、400000(2000円ほど)になるなら買おうと戻ってみると、即OK。なんか不思議なやり取りですが。。。記念に日本から持って来た5円玉をどうぞと差し出すと、すごく喜んでくれたようで、おまけで扇子を2つくれた。


*街中ではこんな風に自転車でカゴを売るおじさんも見かける


子供達は本/文房具屋に。息子は「ドラえもん」やら「コナン」やら、ベトナム語で書かれた漫画をおみやげに。娘は自分で作れるブレスレッドのおもちゃを買いたいと思っていたけど、目当てのものがなく、御機嫌斜め。というか、なんかすごい落ち込んでるぞ。

ハノイ大教会の前では、親の迎えを待つ小学生たちを発見。息子は今回の旅でぜひ、現地の小学生と一緒に写真を撮りたいと言っていたので、ここでパシャ!一緒に肩まで組んでもらってねぇ、嬉しそう。何かお昼を食べる店でも、と歩いていると。。。娘ちゃん、急にダウン。みるみる顔色が悪くなって来た。。。あー、なんと、続けて来ましたか!あっちが良くなって来たと思ったら、こっちが発症?!どうする?どうなる?!
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ハノイ〜マイチャウ かぞくたび #6

「第6章、再びハノイへ。そして発症」

ノスタルジーの里,マイチャウに別れを告げ,ハノイ市内のミーディン・バスターミナルへ向けて、いざバスは進む!もちろん、無茶な追い越しや、バイクとのスレスレ走行など,ヒトトキも気を休めることは出来ないが。。。子供達はこれまでの旅の疲れが出たのか,バスの中ではほぼ熟睡。僕はここでもスマホのマップアプリを使って,現在地をちょこちょこ確認。順調に来た道を辿っている。この時点で唯一,気がかりなのは,例のバスターミナルからホテルまでどうやって移動するか。来た時は良かった。ホテルで呼んでもらったタクシーに乗り込んだので,問題なくバスターミナルまで行けた。しかし、前回,あのバスターミナルを見た限りでは,あの周辺にはどう考えても、あやしく、ぼったくろうとしているタクシーが山のように停まっている。問題はどのタクシーが安全で、どのタクシーが乗ってはダメなのかわからないこと。まぁ、着いてみて考えよう。ホテルに関しては、マイチャウ滞在中に、最初に泊まったホテルとメールで連絡を取り,予約を入れておいた。荷物も預けたままだしね。

さぁ、いよいよバスターミナルにだいぶん近づいて来たぞ、という頃,バスは意外にも大通り沿いの大きな建物の方へと進入していった。ここもバス停の一つか?駐車場もかなり広い。なぜか見知らぬオジさん達が取り囲むような形でバスが停車した。窓を叩いて明らかにこちらの注意を引こうとしている。間髪入れず,バスの運転手が「ココダ!」という合図。しかし、ここはミーディン・バスターミナルじゃない。それだけは僕らにもわかる。「ちがうだろ?ミーディングに行くでしょ?」と話しかけても,どうやらここが最終地点のよう。よく見ると、ミーディン・バスターミナルほどではないにしても,ここにもバスがいくつか停まっている。終点だと言われれば仕方がない。キツネにつままれたような感覚でバッグを持ち,バスを降りる。さっきのオジさんたちはタクシーの運転手らしい。少なくとも,バスの到着を待って、窓を叩くようなオジさんたちには用はない。とりあえず、建物の中に入って様子を見ることに。

1_3.jpg


どうやらここも、ハノイ市内の各地へ行くバスが出ているターミナルのようで(あとでわかったことだけど、ここは「Yen Nghia Station」という別なバスターミナル),受付で「ミーディン・バスターミナル?」と聞いてみると、一つのバス停の方を指差した。そうか、これは市内の路線バスなんだな。これに乗れば,問題なく、ミーディンまでいけるだろう。。。いや待てよ,ミーディン・バスターミナルになんて、別に用はない。ハノイの中心部へ向かうバスに乗れば、その方が何かと便利だ。もう一度受付で、「ホアンキエム?」と聞いてみると,「2番のバスに乗れ」と。よしよし、話が通じたんじゃないか?そのバス停の方へ行って,停まっているバスの運転手に「ホアンキエム?」と聞く,隣のバスを指差す。今度はそちらで聞くと,大きく頷いてくれた。やったね!お一人様7000ドン。35円。移動しながらマップアプリで確認をすると、距離はたいしてない。しかも、ホテルのすぐ脇を通るじゃないか!マップとにらめっこしながら,ココゾとばかりにボタンを押して,下車。見たことのあるところまで無事にこられた。しかも、タクシー使わずに。ラッキー!そして、無事ホテルにチェックイン。

本日,ハノイでのミッションは
(1)たまってきた洗濯物を洗濯屋に出す!
(2)明日以降の宿,どうするか決める!
(3)ハロン湾ツアーについて調べる!
の3点。

しかし、まずは腹ごしらえ。ブンチャーというベトナム風つけ麺の店「ダックキム」へ。

6937586182_e25e01c577.jpg

事前に調べてたところ,入って何も言わないと一人,90000ドンのセットが勝手に出てくるとのことなので、入口で確認。子供がいるので,2人分のセットでいいと告げて入店。これが正解。十分な量で、素麺のような麺も、ハンバーグのような肉も焼いた豚肉も、山盛りの香草も満喫。

IMG_0956.jpg


さて、お腹もいっぱいになって、旧市街までゆっくり歩き,洗濯物をやってくれる店を探す。
IMG_0957.jpg


外国人観光客、特にバックパッカーの多いこの地域では、1キロ1ドルで引き受けてくれる店が目立つ。そのほとんどが旅行代理店。そう、旅行も洗濯も何でも受け付けるって事ね。一番最初に目についたところで聞いてみると、出来上がりは明日の同じ時間とのこと。これで荷物も減った。そのちょうど、道を挟んだ向かいにあるホテルが大きめでキレイそうだね,ということになり、とりあえず見てみようと。ハノイでのホテル探しで一番のポイントになるのは、子供を含めた4人で入れる部屋があるかどうか。多くのホテルでは、ダブルやツインがメインの部屋ばかりということになって,4人が入れる部屋がないと言われたりする。たまたま見つけたこのホテル「May De Ville Hotel Old Quarter」には4人が入れるファミリールームがあるとのこと。さっそく部屋を見せてもらう。なかなか良い。まさかとは思うけど,もしかしたら・・・ということで聞いてみる。「プールとかないですよね?」それがなんと,ありますって!素晴らしい。この旅行中に一度はビーチかプールで遊びたいという子供の願いも叶いそう。屋上にあるプールからは、ホアンキエム湖も見えるし,場所は繁華街のど真ん中で賑やかだけど,部屋は静かそうだし。ということで、明日からこのホテルに泊まることに決定。


最後のミッション,ハロン湾ツアーについて。この近辺には旅行会社がたくさんあるので,色々と聞いてみる。誰に聞いても一番にお勧めされるのが、1泊2日で船で泊まるというツアー。しかし、こちらには船酔いの心配が数名アリ。穏やかな海でほとんど誰も酔わないという話だけど,それでも心配。せっかく行ったのに,2日間、ずっと苦しいなんて確かにいやだ。ツアーにはハノイから日帰りというものもたくさんあって,これだと船に乗っている時間はかなり短い。その分,近場をまわるだけになるということだけど,それはそれでいいかな。一人20ドルを切る値段(ハノイからの移動,船と昼食がついて)のものもある。しかし、いつ行くのかまだはっきり決めていないので,とりあえず名刺だけもらって,帰る。

一度、ホテルに戻り,晩ご飯は屋台スタイルのレストラン「Quan An Ngon」へ。たくさんテーブルの並んだホールのまわりが屋台の店のようになっていて,そこを歩きながら注文していってもいいし,テーブルでメニューを見て決めてもいいというスタイル。
quan-an-ngon.jpg


そう、ベトナムに慣れたなら,本当は町のそこら中にある屋台で食べるのが美味しくて,安くていいんだろうけど,ワテラ素人にはなかなか敷居が高いってもんで,そういう旅行者にもうってつけの店なのでありまする。そりゃぁもちろん、まずは屋台を見て回るでしょう!しかしながら、どれを注文したものか,たくさんありすぎて迷う。どれも美味しそうというか,どれがどれなのかわからないというか。。。結局,何も決まらないまま,屋台をほぼ一回り。最後のコーナーにさしかかった辺りで、とあるテーブルで食べているカップルの料理を見て思わず「おいしそう!」と声に出してしまった。そこに「おいしいですよ!」と日本語で返事が。。。なんとそのテーブルに座っていた女性の方,ハノイで日本語の勉強をしているとかでその美味しそうなメニューが何なのかごっそりと教えてもらった。で、それをほとんどをマネをさせていただく結果に。この店の一番の定番メニューというのが「バインセオ」。
IMG_0965.jpg

P8250434.jpg


日本語では「ベトナム風お好み焼き」と紹介されていたけど,実際には、バリッと焼いたクレープ風の生地をバリバリとわって,野菜と一緒にライスペーパーで包んだもの。見た目は生春巻きのような感じ。うーん、これは、日本で流行らせてもいいんじゃない?それ以外にも,蒸し豚,濃いめのソースにつけて。

IMG_0972.jpg

IMG_2294.jpg


ミックスチャーハンにローストチキン。フォーにポークののったもの。ビール(ビア・ハノイ)を堪能していた僕以外の3人は食後にチェーというスイート。もうお腹いっぱいで超満喫。4人で3000円ほど。

***


8月26日、ベトナム6日目の朝。息子、朝からお腹の調子が悪いという。ついに来たか?もしくはただの食べ過ぎ?とりあえず、今日はホテルをチェンジ。それで様子を見ようか。一日,何もしない日があってもいい。荷物を片付けて,チェックアウトして,タクシーで旧市街のホテルへ。チェックインしたあたりから、腹痛も本格的になって来たようで、部屋に入ってベッドに入り,いつしか「うーんうーん」と唸りだした。これはどうやら、ヤバいことになって来たぞ。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。