~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

手作り for キッチン

木工の作品が少しずつ増えてきたので、こちらでも「木工」というカテゴリを増やして、ちょっとずつ写真で発表していこうかなぁ、などと思っています。

僕が木工で作りたいなぁ、と思うのは、出来上がって、実際にいつも使うようなもの。使っていくうちに、手あかや汚れや、それなりの傷や日焼けなんかで「ハク」がついてくるような、そんなものです。

キッチンの方で使ってくれるとのことで、リクエストをもらったので、こういうのを作ってみました。
まずは「カッティングボード」と「鍋敷き」
カッティングボードと鍋敷き

カッティングボードの方は小ぶりのまな板で、少しおしゃれなヤツというイメージで、どんな木材を使ったら良いのか良くわからないまま、「クリ」の木が水に強く、堅いということで、気軽に選んでしまいました。。。でも実際に使ってみると金属と濡れた状態で、置いておくとその部分が黒くなってしまうという現象が起こり、もしかしたら「クリ」の木はまな板には向いていなかったのかなぁ、などと事前の下調べが少なかったことを少し反省。どなたか詳しい方、ぜひ教えて下さい。
それから鍋敷きの方はお手軽なSPF材(1X4)で作ってみました。

そして、こちらはバターケース。檜です。
バターケース

バターケース2


何を作るにしても、デザインって大事ですよね。作っているとどうしてもデザインよりももっと実質的な問題(作り方とか強度とか、道具の使い方とか。ヘタクソでほんとにわからないことだらけだし)がいつも目の前にあって、どうしてもデザインの方にまで十分、頭と気持ちがまわらない。(まぁ、まわってもセンスがよくなるかは疑問だけど)でも出来上がって、嬉しい反面、「ちょっとなぁ」ってことがほとんど。このバターケースなんて、普段は冷蔵庫に入れておくから良いようなものの、机の上にあったらぜったい、筆箱に見えるもんなぁ。

スポンサーサイト
別窓 | 木工 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。