~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ちぎり

音楽仲間の下村明彦さんのところでは、、超ウラヤマシイハンドメイドギターの制作がブログでも事細かに報告されています。
僕もそれに対抗するというわけではなく(というか、こちらは全くのアマチュアですし)、先日、京都府城陽市で買った一枚板でのマイデスク作製に取りかかり始めました。

まずは、天板になる一枚板の割れやソリなどを進行させないための細かな作業から。
おそらくはどこかで一度くらいは皆さんも目にしたことがあると思いますが、割れを進行させないための「ちぎり」という蝶々形の小さな木片をはめ込む作業をしました。いやぁ、一度やってみたかったんですよね。こんな大きな一枚板をそうそう、扱うこともないですし。建前上は「割れを進行させない」ですが、なんといってもこれってかっこいいし。。。

で、本日の成果!
ちぎり1


いいんじゃない!思ってたよりもうまく行った。最初はもっと濃い色の木片を入れるつもりで作り始めましたが、意外に天板の方が色が濃いことに気づき、それだったらと色目の薄い「けやき」を使ってみました。
全体像ではこんな感じです。
ちぎり2


ワンポイントでチギリあり。なかなかカッコイイ!

この後はさらにソリを進行させないための加工もする予定。。。でもちょびっと空いている時間では、今日これが精一杯でした。久々の木工、これから寒くなってくるけど、またまた時間を忘れて没頭してしまいそうです。来月はクリスマスもあるしなぁ、子供たちには手作りを!って公言してしまっているし。忙しくなるなぁ。


さて、明日から土曜日まで、紙ふうせんの仕事で三重ミニツアーです。ということで、今週の金曜日、ポロドッグはお休みいただきます。来週はどうなるか不明とのことでしたが、行けることになりました。あぁ、そんなこんなでもう年末ですねぇ。
スポンサーサイト
別窓 | 木工 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

焼印

木工の方は夏から、うまく時間が取れず、ちょっとご無沙汰が続いていますが、今までに作った作品に「僕が作ったよ」というしるしでも、ということで焼き印を作りました。
焼き印1

焼き印2


デザインを自分でやって、六甲にあります「Cloda」さんという、シルバーのアクセサリーなどを作っていらっしゃるお店/工房でお願いしました。

しかし、すごいんですよ、ほんとに細かなところまでデザイン通りに加工していただけまして、しかも焼き印は半田ごての先に着いているので、コンセントに差し込むだけで「じゅーっ!」とやれるのです。当然のことながら、家の中にある今までに作った作品のほとんどに押しまくりました。

気をつけないといけないのは、ほとんどが加工が全てすんでいるものですから、とうぜん塗料も塗っているのですが、ウレタン系の塗料などのものはうまく焼き印が入りません。これからは、作品を作って、最終に塗料を塗る前に焼き印を押してから仕上げる方がいいようです。

さてさて、焼き印には「toneri工房」という名前を入れました。我が家には引っ越してきたときに庭に植えた「トネリコ」という植木がありまして、まぁ、唯一のシンボルツリーですから、そちらのお名前を拝借いたしました。

実は今、僕の仕事部屋で使う、横に長く、奥行きはそれほどないワークデスクを作ろうと目論んでいます。先日、紙ふうせんの仕事で京都府城陽市に行ったとき、ちょうど産業フェスタということで、木材店の方も出店されていて、ちょうどいい木が見つかったから、勢いで買ってしまったのです。こんな感じ。

いた


一番右のやつで長さが190cm、幅が50ほど。これを天板にしてと、思いはあるのですが、なかなかじっくり時間が取れない、そんなもどかしい秋の今日この頃です。


別窓 | 木工 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

週末

11月に入って週末が少し慌ただしくなってきました。
先週は金曜日に紙ふうせんのリサイタル、土曜日は京都・城陽でコンサート、日曜日には息子の七五三でした。
悠水七五三


そして今週はといいますと、明日は昼間に大阪府豊中でコンサート、夜はおなじみポロドッグ。(先週に続いて行けないかもと告知していましたが、行けますよぉ)土曜日はなんと!日帰りで能登。(もちろん、朝はむちゃくちゃ早いです。ポロドッグ、明日は早く帰ります!)日曜日はちょっと楽しみな飲み会です。何だかこのまま年末を迎えてしまいそうな雰囲気ですが、年末までこの忙しさが続くわけではありません。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

紙ふうせんリサイタル2007 中之島公会堂

いやぁ、先程帰ってまいりました。紙ふうせんのリサイタルから。
なかなか面白い一日でした。
この写真はリハーサル風景。
リハ

ずらっと並んだバックミュージシャンの方々。ピアノ、ベース、ドラムスに、チェロとバイオリン。なかなかそうそうたるメンバーです。で、僕は当然写真を撮っているので、映っていませんが、真ん中のいい席をいただいておりました。

第一部は伝承歌を中心に、紙ふうせんの二人と僕、ベースとチェロだけでしんみりと。2部はフルメンバーでおなじみの曲をにぎやかにという盛りだくさんの内容でした。
一部の方は新曲も2曲あり、本舗初公開の伝承歌もありで、気の抜けない(っていつでも気は抜けないのですが)内容。特に新曲2曲のうち、一曲は昨日出来上がったばかりのホヤホヤ。この2曲、これから少しずつ磨きをかけて、またいろんなところで演奏できたらいいなぁ。

きゃー、もうこんな時間だ。明日も京都でコンサートあるのにぃ。しかも朝早いのにぃ。


別窓 | 音楽 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

ヒーローのシンプ

最初に断っておきますが、アメリカのバンド「イーグルス」は僕にとってヒーロー的存在。誰になんと言われようが、ひいき目で見てしまうのです。ということで、以下の文章もそれを加味して読んでいただけると良いかと。

先日、28年ぶりにイーグルスのスタジオ録音のアルバムが発売されました。
きゃぁー、何としてでも聞かねば。。。ということで、早速購入、聞きました。

第一印象は「新曲だけど、イーグルスサウンド」。これはかなり難しいことだと思うんですね、前のままだと面白くないし、かといって全くかわってしまうのも、ファンとしては寂しい。でもこれはまぎれもなく、いいところをついている。ばっちり決まっているコーラスも健在。メンバーそれぞれの個性もうまく出ているし、(ジョー・ウォルシュのリードが20曲中2曲というのはちょっと個人的には寂しいけど)2枚組、20曲といっても全然長さを感じさせない、聞き始めたらあっという間。
サウンドに関して言えば、アコースティックギターの音がもう少し暖かかったらいいのになぁ。何だか今風の金属的な響きで残念。もっと木のぬくもりが聞こえてきたら嬉しいんだけど。それはMTVアンプラグドのときのアルバムでも感じたんだけど。

海外のCDですから、日本国内版と輸入版があるのでしょうが、僕が買いにいった店は小さくて、国内版しかおいてなかった。どちらでも良かったんだけど、国内版には1曲、ボーナストラックがある。これはファンとしてはぜひ手に入れておきたかったので、これでよし。
ただーし!この20曲プラス1曲にすべて邦題がついている。今の時代、こんなもんいるか?と、僕個人は思うのですが、いかがなもんでしょうか?中でもこれはいかんやろう?というのが、「CENTER OF THE UNIVERSE」が「宇宙の中心で愛を叫ぶ」。おいおい!確かにラブソングだけど、歌詞の内容は「ここは宇宙の中心ではないけども、それでも僕はかまわない」と言っているのに。頼むよ、レコード会社のおっちゃん!(おねえちゃんかな)

ひゃぁ、でもこのアルバムをテーマにまた日本に来てほしいなぁ。見に行くよぉ!

って、今日は見に行かれる方です。紙ふうせんのリサイタル。これから大阪は中之島公会堂へ行ってきます。新曲もあるし、編成もいつもと全然違うのですごく楽しみ。雨じゃなくてよかったなぁ。


ロング・ロード・アウト・オブ・エデンロング・ロード・アウト・オブ・エデン
(2007/10/31)
イーグルス

商品詳細を見る

別窓 | 音楽 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。