~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

熊本から宮崎へ

これが人吉で泊まった宿の部屋からの眺め。球磨川の流れが心地よく届きます。。。
20090228446

さてさて、本日は明日の仕事に向けて宮崎入りします。
高速でいけばおそらく1時間半ほどですが、時間もあるし、途中にある「椎葉村」というところを見てみたかったので、地道でいくことに。「日本最後の本当の村」と言われる椎葉。今もなお、焼畑をされているとのこと。
距離的には高速よりも近道になるし、いくら山道といっても、高速に比べて一時間ほど多くかかるかなと思っておりましたが、そんなに甘くはなかった。
2時間経っても村はまだまだ先。道は細く、くねくねで、前からも後ろからもほとんど車は来ない。(来たら離合が大変なのですが)
そうか、これが「最後の村」を最後の村としたらしめる所以なのか。僕も色んなところが好きで山道もよく走るけど、こんなに険しい道ははじめて。

そおろそろあきらめて、人吉に戻ろうかと思い始めたそのとき、目の前に広がったのはこんな景色。
20090228448

20090228452
村全体を眺めおろし、少しだけ集落が見えます。すごいところです。

これでようやくやる気を取り戻し、さらに1時間ほど進んでようやく村の中心部に到着。昼ご飯にもありつけた。。。でも結局、村をいろいろと見て回るほどの時間の余裕がないことに気づき、結局少しだけあるいて、さらに宮崎を目指すことに。

結局、今僕が座っているホテルの部屋にたどり着いたのは5時過ぎ。7時間ほど車を運転したいたことに。疲れたなぁ。。。これから飛行機組と合流、明日の三股町でのコンサートへ備えます。
スポンサーサイト
別窓 | 徒然なるほにゃらら | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

熊本2日目、雨の五木村

さて、熊本県は人吉、2日目です。
いやぁ、昨日は地元の焼酎、たくさん飲んだので、ちょっと二日酔い。。。
朝、起きたら結構雨が降っている。まぁ、旅に雨は付き物かということで、朝風呂と朝食を終えて、ほんとにびっくりするくらい山深い「五木村」へ向かう。

20090227434

itsuki

「五木の子守唄」で有名なこの村は、1960年代から計画が進むダムに沈むとして、川辺に住む人を少しずつより高い代替地へ移し、近年になってそのダム計画自体が見直されることになったという地域。村について、以前集落があった場所を見たけど、知らなければ素通りしてしまうほど集落は解体され、草に覆われていた。新しく出来上がった「上の」町はどこか整然としすぎていて、生活の匂いがないように見えた。

さて、有名な「五木の子守唄」は世に出る前に、実はこの地域の人ではない作曲家によって、ある程度作られたもので、本来、こちらで歌われていたものとは違うということが分かっている。本歌を歌ったとされるおばあちゃんに実際にお会いして少しだけお話を伺うことも出来た。突然の訪問にも快く対応してくださり、92歳とは思えないほどお若く、とてもチャーミングな方でした。
この曲については紙ふうせんの今後の活動で、何らかの形で発表されたらいいなぁ、と思います。


別窓 | 徒然なるほにゃらら | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

九州です

突然ですが、九州は熊本、人吉という町に来ています。
3月1日に宮崎で仕事があるので、それに便乗して休みを取り、昨日からフェリーで九州に来ました。

別府港に近づくフェリーより。(なんと朝6時半)
beppu

別府に朝早く到着し、湯布院から南下、黒川温泉というとても気持ちのいい湯につかり、阿蘇の周りを半周して、熊本市からさらに南下、人吉までやってきました。
途中、寄った温泉や食事どころ、喫茶店などどこもすごい昔ながらの梁を使った建物ばかりで圧巻されました。

これは黒川温泉にあった喫茶店。
coffee


こちらは立野という場所のお食事どころ。
soba3

そして、これが本日のお宿。
hitoyoshi

大分から熊本に抜ける道は、空間が広々としていて、まるで北海道にいるかのよう!天気も何とか味方してくれて、気持ちのいいドライブでした。

aso2



さて、明日はここ人吉を拠点に、「五木の子守唄」で有名な五木村などをまわろうと思っております。




別窓 | 徒然なるほにゃらら | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

いよいよ完成!学習机(その6)

この3週間、昼間の時間帯はほとんどかかりっきりで、ようやく完成しました!

IMG_1407

あらためて家の中に置いてみて、うんなかなか思ったようなサイズ!大きすぎず、小さすぎず。普通の学習机に比べると横幅も奥行きも少し小さめですが、我が家にはちょうどいい大きさなのではないかと。(高さは一般的なものです)

IMG_1404

脚の部分とそれ以外でツートンカラーにすべく、脚にはかなりしっかり目に「柿渋」を塗ったのですが、それでも光の加減でほとんど同色に見えたりします。。。まぁ、これも味ということで。

IMG_1411
脚の貫には「鼻栓」。栓には「ウォルナット」を使いましたので、これはしっかり色の違いが出ましたね。


IMG_1412
そして、抽き出しの両側には飾りをつけた板に、焼印!
ここの辺りに抽き出しの秘密があるのですが、これはネットで公開すると本人に怒られそうなので、実際に見にきていただいたらお教えするということで。。。

抽き出しの取手の部分は一番最後に作ったのですが、これは彼が通っている幼稚園でいただいてきた枝で作りました。(もちろん、ちゃんと了解を得てですよ)まぁ、記念ということで。。。

IMG_1415

抽き出しの箱部分、チギリや鼻栓、抽き出しの取手、などを除けば、すべて「タモ」の無垢材で出来ています。天板は一枚板で、厚みこそそれほどありませんが、やっぱりずっしりと存在感がありますねぇ。木目もかっこいいし。

長かった分、苦労も疲労も筋肉痛もたくさんありましたが、最後の方になると妙に出来上がるのが寂しくなったりもしました。なるべくボルトや木ネジなどの金属は使わないで作りましたが、それでも最後の最後に裏側から補強の木ネジを数本入れました。これが最後の作業と思うと、やっぱり電動ドライバーではなくて、手で回したくなりますね。

今まで3年以上にわたって自分なりに経験を積んできた木工の集大成という位置づけで作製に取りかかった今回の学習机。集大成というにはたくさん「はじめて」のこともありましたが、それなりに形になってくれたかなぁ、というところです。もちろん、まだまだ「アマイ!」部分もたくさんありまして、そう言う部分はもちろんこれからの課題ですね。

そして、次には「抽き出しワゴン」が待っています。娘のベッドもテレビ台もそしてこの学習机のセットになるイスもまだ作る予定ですが、とりあえずのところ、一息入れます。

IMG_1416

IMG_1419

IMG_1425

別窓 | 木工 | コメント:10 | トラックバック:0
∧top | under∨

引き出しの秘密(その5)

さて、昨日の続きです。だいぶん完成に近づいてきたので、全体像が見えてきてワクワクがますばかり。。。

引き出しの下の部分になる板を脚の根元部分に掘った溝に滑り込ませていきます。

引き出しの両側に部分にあたる飾りの板をはめ込んだ状態で滑り込ませるのですが、この飾りの板にはちょっとした仕掛けがあって、レールを掘りこみ、そこを滑るようにしてあります。何が起こるかは完成してからのお楽しみ。(実はこの仕掛けのおかげでたいぶんと手間がかかったのですが)

20090213391

テーブル中央では溝を深く掘っていますので、このまま引き出し下の板を滑り込ませることが出来ます。滑り込んだ後は両端におさまるように滑らせることが出来ます。

20090213392


ということで、本日は時間もあまりなく、ここまで。
お決まりになってきましたが、ここまでの成果を見るべくヒックリ返して、記念撮影。

20090213393

引き出し部分の厚みが出たことで、だいぶん全体のバランスが良くなってきましたかねぇ。
ここに引き出しを作って、天板をきれいにしたら、机部分は完成です。おぉ、間近!


しかしなんですねぇ。大きなものを作っていると、通行人の方から良く声をかけてもらえるようになりまして(もちろん、小さなものを作っている時は外から見ても何してるかわからないですからね)、昨日は声をかけてくれたおじさんが、話をしているうちにえらく工具や木の名前に詳しくて、「もしかしてプロの方ですか?」と聞くと、「そう、建設屋ですねん」と。。。でも「素人でしかも一人でここまで出来るとは」と感心して下さってうれしかったですぅ。プロの方から見ればまだまだ「許せない」ようなところが満載なんでしょうが、そんなところには触れもせず、一通り褒めちぎっていって下さいました。キブンイイ!


**********
というのが13日(金)のことでした。
今日、14日は京都でコンサートの仕事ですので、なんにも出来なーい。。。
うぅぅ。。。

別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

柿渋・アリ溝・鼻栓(その4)

今回の学習机、全体像は濃いめの色とナチュラルのツートンカラーにしたいと思っておりまして、濃いめの色をどのように着色するか検討しましたところ、ここはより自然に近く、歴史もある「柿渋」でいこうと思い立ちました。
といっても、実は今までに使ったことはなく、ここまでの木工の集大成と位置づけている学習机で慣れないことをしていいのか悩むところではありますが。。。
いやぁ、脚の部分には塗ってみました。こんな感じ。

20090211383

これですでに4回重ね塗りしたところですが、いまいち、色が出てませんねぇ。そう、柿渋は紫外線やら何やらで時間が経つにつれて色が濃くなるとのこと。これはこれで楽しみです。今のところはうすーい赤茶色という感じでしょうか。全部で5回、重ね塗りしました。



さてさて、さらに加工は続きます。

天板の方にも脚を入れる部分のアリ溝を掘り、脚の方にも加工をして、脚を後ろ側から滑り込ませます。

20090212384

今回は貫という2つの脚をまたいでいる部材を入れていますので、2本の脚は同時に入れていかないといけません。7割程度までは手ですっと入るくらいで、残りの3割ほどは思い切り力を込めて差し込んでいくという風に調節して溝を掘っています。なので、その部分では「トントン/ガンガン」叩き入れるわけです。左右同時進行で入るように、慎重に。。。

さて、入ったところ。
20090212385

当然のことながら、ここまで来た達成感を味わうため、ヒックリ返します。
20090212387

いやー、なかなかですなぁ。。。
そして、貫の飛び出ている部分にはこんな部材を入れて、きっちりと留まるようにします。
20090212389

この部分はちょっと風合をつけるために、同じ「タモ」ではなく、「ウォルナット」を使ってみました。家具屋さんなどでいつも目にして、何となくかっこいいなぁ、と思っていて、今回初めて自分でやってみました。しかも見よう見まね。でも、それなりに見えるし、機能も果たしているようです。この部材、名前さえ知りませんでしたが、「鼻栓」というそうです。


さぁ、長かったこの学習机作りもかなり佳境に入ってきました。残るは引き出し部分と天板の仕上げ磨き。やるでぇ。。。


**********
そうそう。本日のポロドッグはありませんので、お間違えのないように。(もちろん、お店は営業していますが)
別窓 | 木工 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ポロドッグ 今月より

毎週金曜日、定着してしまった感のあるポロドッグではありますが、今月より僕が行くのは「第1週と第3週」の月二回になりました。ということで、今週はなくて、来週はあります。
ちょっとばかしややこしいですが。。。
金曜はライブのない日には他のイベントを用意しているようです。こちらもまたお楽しみに。


別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

学習机作成記(その3)

いやぁ、ようやく机の形らしくなってきました。

20090208382

天板はまだ上にそっとのせただけですが。。。

脚部分の「ほぞ」を加工するのに、やはりなかなか時間がかかりましたねぇ。
さて、これからは天板の加工、アリ溝を掘って「吸付き桟」、そして引き出し部分と、だんだんクライマックスへ近づくはずなのですが、長編歴史もの映画のように、なかなかエンディングまでの道のりは長そうです。

何といっても材が固い!なので、何をやるにも時間もかかるし、力も必要。。。
でも、楽しんでやっているので、イライラしたり、焦ったりはないですねぇ。ひとつずつの行程に時間をかけて、丁寧に作りたいのです。。。



別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

特別授業の写真

先日、神戸市北区の中学校で行った「特別授業」の写真を学校の先生にいただきましたので、早速こちらにも掲載させていただきます。

場所は音楽室。後ろの壁には有名な音楽家の顔があったりして、懐かしい感じだなぁ。

20090203_009


20090203_005

別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

さてさて学習机(2)

春のような陽気に誘われて、時間を見つけてはガレージ工房へこもっていたりします。
4月の完成を目指して、ただいま「学習机作り」にまっしぐら。
まずは少しずつ材料を切り出したところ。

20090204380

この木材は「タモ」という木なのですが、今まで使っていた針葉樹のSPF材などと比べると、かたーい!丸のこでまっすぐに切るにもなかなか一度では歯が立ちません。この後、穴を開けたり、ペーパーを賭けたり、細かな加工をするにあたって大変な思いをするというのは目に見えておりますが、これもまた長く使ってもらうための壁といいますか。。。しかし、木肌はやっぱり気持ちいい!!!

そして、脚になる部分の加工がだいぶん進んできました。

20090206381

ちょっとそれらしくなってきて、うれしいなぁ。
これから、この部分の上にもホゾを組んで、差し込めるようにして、その材にアリ溝の加工をして天板に滑り込ませます。。。と、そんなに簡単には行かないですが、少しずつ組み立てる方にむかってまーす。
別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ゲストティーチャー

本日は神戸市北区の中学校に「特別授業」をしに行ってきました。
職業体験の一環として、いろいろな職業の人が集まって、仕事についての話をするということで、9講座に分かれて、僕は当然「音楽/ギター」の授業。
90分間、演奏を交えつつのいろいろとお話をして、比較的みんな大人しかったけど、真面目に聞いてくれました。

今からまた仕事に出かけるので、詳しくは後ほど、追記します。
ゲストティーチャー…の続きを読む
別窓 | 音楽 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

美山町へ(再掲載)

Keiさんからの報告で、前回分の記事がうまく表示されないとのことで、再掲載です。



この週末は京都府美山町へ家族で遊びにいってきました。。。

ということで、音楽や木工なんかとは全然関係のない話ではありますが。。。

美山町は以前にしばらくの間、レコーディング合宿で暮らしていたこともあり、また高校時代の友達が移住しているということもあって、友達もたくさんいるし、雪遊びにでもいくかということで、急に押し掛けてきました。
土曜日はあいにくの大雨。「かやぶきの里」北村では「雪灯篭」なるイベントが予定されていたので参加したいなぁ、と思っていましたがあまりの大雨。。。結構暖かかったので、雪ではなくて雨なのです。結局は友人宅をはしごして、久々の再開で話に花も咲き、子供たちは広い家で最高にはしゃぎ回って。。。(一つの家に子供が12人、大人が7人、全員が夜中まで騒いでました)
そして、日曜日、雨が雪に変わって、以前から積もっていた雪もたくさんあったので、存分に雪遊び。雪合戦、カマクラ作り。堪能しました。
IMG_1283

IMG_1304

ちなみにこれが友達の家の裏庭。広い場所にふんだんの自然。。。子供も大人もいつまででも遊んでられる。「贅沢」というのはこういうことかもしれないなぁ。

久々に会う友人と、みんなの現状や思っていることなんかをしがらみ抜きで話をして、なんだか元気が出てきたなぁ。神戸から美山までおおよそ2時間半の道のり。もう少し近かったらもっと頻繁に顔を出したいんだけど、でも春には「田植え」の手伝いをさせてねぇ、と約束をして帰ってきたので、次はその頃かな。
別窓 | 徒然なるほにゃらら | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

美山町へ

この週末は京都府美山町へ家族で遊びにいってきました。。。

ということで、音楽や木工なんかとは全然関係のない話ではありますが。。。

美山町は以前にしばらくの間、レコーディング合宿で暮らしていたこともあり、また高校時代の友達が移住しているということもあって、友達もたくさんいるし、雪遊びにでもいくかということで、急に押し掛けてきました。
土曜日はあいにくの大雨。「かやぶきの里」北村では「雪灯篭」なるイベントが予定されていたので参加したいなぁ、と思っていましたがあまりの大雨。。。結構暖かかったので、雪ではなくて雨なのです。結局は友人宅をはしごして、久々の再開で話に花も咲き、子供たちは広い家で最高にはしゃぎ回って。。。(一つの家に子供が12人、大人が7人、全員が夜中まで騒いでました)
そして、日曜日、雨が雪に変わって、以前から積もっていた雪もたくさんあったので、存分に雪遊び。雪合戦、カマクラ作り。堪能しました。
かまくら

かまくら

ちなみにこれが友達の家の裏庭。広い場所にふんだんの自然。。。子供も大人もいつまででも遊んでられる。「贅沢」というのはこういうことかもしれないなぁ。

久々に会う友人と、みんなの現状や思っていることなんかをしがらみ抜きで話をして、なんだか元気が出てきたなぁ。神戸から美山までおおよそ2時間半の道のり。もう少し近かったらもっと頻繁に顔を出したいんだけど、でも春には「田植え」の手伝いをさせてねぇ、と約束をして帰ってきたので、次はその頃かな。
別窓 | 徒然なるほにゃらら | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。