~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

28号みてきた

今日、子供たちと一緒に出かけたついでに、本日、ベールの脱ぐことになった、新長田駅前の「鉄人28号」見てきましたぁ。


28

身長18メートル。遠くから見たときには、思っていたほど大きくないかもと感じたけど、近くでみるとなかなかの迫力。我が町にあると思うとけっこう誇らしい!
いつまでもここにいてくれるのかなぁ。どうなんでしょ?
スポンサーサイト
別窓 | 徒然なるほにゃらら | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨

鞆の浦を埋め立てる?


広島県福山市に「鞆の浦」というとても素敵な町があります。10年ほど前に訪れたとき、昔ながらの小さな漁港の雰囲気。歴史的に「風待ちの町」として、船乗りたちが風の流れが変わるのを待ったという話。何だかおとぎ話の中に入ったようなそんな気持ちになれるところだなぁ、と感じました。道でトロ箱を広げて魚を売っている人もいたなぁ。
ジブリの「崖の上のポニョ」の舞台になったとかで、映画公開後は観光客も増えたのかもしれないですが、僕が行ったときにはただただ、「何十年も時間が止まったような」雰囲気に和やかな気分にさせられたのが印象的でした。


さて、今日の新聞の記事で知ったのですが、この鞆の浦に「埋立て架橋計画」があるとか。交通の利便性を考慮してバイパスを通すために、海岸を埋め立てて、橋を造るそうです。



20090822133611.jpg
「南西側から見た鞆港。画面左半分の海岸が埋立てられる計画。」


住民の大多数が反対しているわけでもなく、総計によれば賛成派の方が多いとの意見もあるようですが、景観を著しく損なわせることになるこの事業を巡って、近く一審判決が言渡されるとのこと。

色んな人の色んな想いがあるでしょうが、僕が思うに。歴史的な、しかも自然の恩恵を最大限に受けて出来上がったこの素晴らしい町に、橋を架けて壊してしまえば、もう取り戻すことは出来ない。そうなれば、観光という最大の産業は衰退の一途。
でも今あるものを残すことに力を注ぎ続けることが出来れば、街の価値はいつまでも続いていく。それこそ、百年でも千年でも。鞆の浦に限らず、日本の歴史がある町はどこでもそうなんじゃないのかな。道路の利便性も人口の増加も、それはある意味では大事なんでしょうが、そんなことは町が持っている歴史から見たら、ほんの短いスタンスでしかないでしょ。町が歩んできた歴史をみて、さらにそれ以上の歴史を刻めるようにとなんとか頑張ってほしいなぁ。

別窓 | 徒然なるほにゃらら | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

いかがおすごしで?

さてさて、シルバーウイークなるものも終わってしまいましたが、皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか?
僕はといえば、前半は仕事。後半は家族で丹波に2泊3日のキャンプに行ってまいりました。


From woodworking


下の娘が3歳になって、ちょっと手もかからなくなってきたので、今年からキャンプ解禁。夏に続いて2回目です。で、上の写真、ど真ん中にあるコールマンのツーバーナーというグリル。ホワイトガソリンを使って、ポンプをシュコシュコするやつ、ボーイスカウトだった頃からの憧れでしたが、こいつを手に入れ、これを置く台が必要だということになって、いろいろと探したのですが、結構高い。しかも思い通りの大きさのものとなるとなかなか。ということで、お決まりではありますが作ってみたのです。

ポイントは
1)軽くて持ち運びやすく、コンパクトに収納できること。
2)お安く作れること。
3)現地での組み立て、撤収が道具なしでも出来ること。
4)当然ですが、或る程度、強度があること。
などなど。

で、2x4材を縦割りにしたものを1本分。1x4材を2本分。それにちょこっと余っていたフローリングの床材でこんなのが出来ました。

From woodworking


From woodworking


バラすとこんな感じです。
From woodworking



なかなか、使い勝手はよろしい。強度もあるし、コンパクトになる。バーナーの横でちょっとした調理も出来るし、足下の棚もなかなか便利。材料にかかったのは、5-600円ほど。見た目はまぁまぁか。

丹波方面はあいにくの天気でしたが、2泊のキャンプ。ゆったりのんびり、リフレッシュでした。
別窓 | 木工 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

連休初日ですが

本日はポロドッグ、通常通りでございます。
高速道路はやはりすごい渋滞になっているようですが、連休でもいつも通りというのも「代わり映えがない」ともいえるし、「安定感がある」ともいえるし。。。
何はともあれ、本日、元気にライブデーです。
明日、京都でちょこっと演奏をする予定のマッキーの曲なんぞ、練習をかねて今晩しようと思っております。

ちなみに、来月のポロドッグはイレギュラーでございまして、2週目と3週目、10月10日、17日に予定しております。(全く僕のスケジュールのせいなのです。しつれい)
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

カッティングボード

久々の木工です。
夏の間、掘込みガレージの半野外、しかも南向きの我が工房ではまったく何もする気が起こりません。で、ここのところ、ようやく涼しい風も吹き始め、動けるようになってきました。

ということで、今日は小さなまな板、カッティングボードです。2年半ほど前に作ったものが、毎日、水にさらされ、乾燥、という過酷な試練を乗り越えて、さすがに見るも無惨な姿に変わってしまってきていたので、夏の間中、気になっていたのです。今回は前回よりももう少しシンプルな作りにしようということで、こんなのが出てきました。。。
メインの木はケヤキ、サイドはウォルナット、ちょっとだけローズウッドも入っています。

From woodworking


From woodworking



ちなみにこれが前回、2年半前に作ったやつ。今の状態は見せるには忍びないので、出来た時の写真ですが。
From Online Edits


ちなみにサイズはどちらも横が25cm、縦が18cmほどです。小さなまな板ですから。でも、意外とこのサイズは使い勝手がよくて、大きな方よりも活躍しています。

さぁ、これから仕事もちょっと忙しくなりますが、木工もやれるでぇ。。。


**************

After a long summer vacation of my shop, now it gets cool enough to work there!
It has been more than 60 days since I posted the last project! Wow, time flies.

This is nothing special, nothing fancy, but what my wife needed.
I made her a small cutting board about 2.5 years ago,


but it now is really loose at the joint, got dirty, so I thought I should make here a new one. It’s something she used everyday, so this time I wanted to make something really simple, and useful…
Japanese Zelkova, walnut and rosewood.

Well, nothing special, but more importantly, I am back!!!
別窓 | 木工 | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨

9弦ギター

僕が普段愛用しているギターのメーカー「Taylor」から、この度、「9弦ギター」が登場したとのことです。

20090822133611.jpg

9弦ということは1-3までが複弦になっているのかと思いきや、ダブルになっているのは2-4弦までのとこと。少し不思議な感じがしますが、ヘッドのペグの配分具合は3対6よりも、このように4対5の方がバランスがいいですね、きっと。

ホームページによるとサイドバックはマホガニーで、「U.S. Suggested Retail Price $4998.00」とのことですので、まあまあしますねぇ。一度弾いてみたい。でも、こいつがメインになることは僕にはあり得ない。ライブやコンサートに2本以上のギターをもって行くことが年間、何回あるだろうか。でも一度弾いてみたいなぁ。お手軽12弦ギターもどきといったところでしょうか。

別窓 | 音楽 | コメント:8 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。