~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2012 美山かやぶき音楽会に出演してきました。

先週末、18日に出発し、前日に一泊。日曜日、19日にコンサートに出演してきました。
18日、予報では神戸でも雪!しかし、天気もいいし、意気揚々と出発。ちなみにタイヤは全く以て「ノーマル!」です。
篠山から園部、日吉をこえた辺りから少しずつ雪が見え始めたけど、道は大丈夫。このまま最後まで行けるかと思ったけど、途中で電話して様子を聞いてみると
「迎えにいくから、無理するな!」と。

ここは地元の人の言うことをきくべき。ということで、コンサート会場となる、美山町の中心部までは自力で行き、車を置き、一泊させていただく友人に車で迎えに来てもらいました。

で、暗くなった頃に到着。
朝起きたら、こんな風景でした。。。前日まではほとんど雪がなかったおいうことなので,1日でこんなことになったらしい。。。


DSC_8427.jpg
窓の外,ほとんど雪。


DSC_8430.jpg

IMG_4491.jpg

IMG_4494.jpg

IMG_4500.jpg

DSC_8446.jpg

DSC_8440.jpg




そして、コンサート会場となる茅葺の家は。。。


IMG_4503.jpg

にっぽん昔話の世界ですね。


コンサートでは僕とバイオリン(大城敦博)、ビオラ・ダ・ガンバ(中野潔子)の3人でそれぞれの持ち味を生かした内容で,と頑張ってみました。僕からはオリジナルや歌ものを中心に,そしてそれ以外にバロックの曲や沖縄,アイリッシュなど、バラエティに富んだ内容を茅葺の民家の中で、しかも生音で聞いていただくというちょっと贅沢な内容でした。




DSC_8452.jpg

IMG_5932.jpg





スポンサーサイト
別窓 | 音楽 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ビリビリだ、クローゼット扉のフリフォーム

なんということでしょう!
我が家の「元」和室の押し入れのトビラ!


IMG_4401.jpg


子供たちの遊び部屋として使っていたので、少しずつ穴があいたり,引っ張られたり,最初のころはそれでも小まめに小さな紙を貼って補修をしたりしていました。しかし、それも傷が小さかった時だけで,そのうちもう,手に負えなくなり,最近はほったらかしの状態だったのです。

「元」和室,というのは実は,数年前に床を畳からフローリングに変えていて,それにあわせて,この扉や壁なども洋室風に少しずつリフォームをしていくという予定でした。ところが、予定をしてた時期に,運悪くアキレス腱を切り,そのまま何となく手つかずになっていたのでした。

さて、この事態を何とか収拾すべく,まずはやはりこの扉をリフォームすることに。以前に探していたアウトレットの建材屋さんでクローゼット扉を注文。ポイントは「アウトレット」であることです。当然ながら,我が家の既存の扉のサイズとぴったりというわけではなく,幅は少しだけ短め,縦の長さはかなり長め。でも長さはカットすれば何とかなるでしょ?と安易な考えでたのんでしまい,後は届いて,現物を見てから考えましょう。。。ってなことに。

さて、現物が届いて,説明書なるものを見てみると、どうやら、この商品は、長さをカットする何てことは想定してないようで。。。がーん!
枠はアルミ,扉自体は木製ですが,そのどれも,自分でカットした上に,必要なネジ穴などをあけ直す必要もあり、結構な手間がかかりそう。。。ま、仕方ない。何といっても、90%オフのアウトレット品ですからね。

既存の扉をはずし,サイズを測りながら,今までの扉のストッパーの役割をしていた枠組みのパーツなどもはずしていきました。少々手荒にはずしましたが,新しい枠がつけば結局は見えないところなので,大丈夫。
さらに測ったサイズに合わせて枠のアルミ,上下をカット。あまり考えずに買ったのですが,上下で90ミリずつのカットはもうギリギリ限界でした。これ以上だと,扉を固定する蝶番などの部分も切ってしまうことになるので。アルミのカットは思っていたよりもすんなりと行きまして。
枠をまずは取り付け。ふむふむ、なかなかいい感じ。
次に扉自体をカット。これが意外と大変でした。
少し考えればわかることですが,扉の上端にも下端にもそれなりに必要な金具などが取り付けてあり,それをいったんはずして,カット。その後にまた取り付けなくてはなりません。これがけっこう手間。しかし、気を抜いて変なところを切ってしまったりしたら、もう終わりですからね。ちょっと慎重に。。。

などなど、それなりの苦労をして,なんとか完成。これだけのことに半日以上かかったな。。。慣れればもう少し手際よくできるだろうけど,こんなこと慣れるほどやるわけじゃないし。


こんな感じになりましたyo!

IMG_4406.jpg

さぁ、今度は壁。砂壁を、珪藻土か漆喰にするということになってます。できることなら「ニッチ」なるものを作りたい。さぁ、どうなることやら。

別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

京都に行ってました。銀閣寺って。。。

先週末は京都に行ってました。
実のところ,僕は京都生まれの京都育ちですから,わざわざ「行っていました」というのもなんだか変な気分ではあるのですが。。。大原で一晩泊まり,日曜日は少し観光などもしつつ。。。東側にいたので,銀閣寺に行ってきました。

IMG_4388.jpg


銀閣寺には今まで何度も行ったことあって,もちろん、金ぴかの金閣寺とは違って、銀閣寺は木目調のシックなイメージというのは知っていたのです,が!!!今回,一通り見終わったあとに「建築されたころの塗装を再現してみた」というコーナーがありまして,見てみたら意外にも黒くて、縁取りがレインボーカラー???


銀閣 極彩色 京の研究者ら 創建時の姿、模型に(京都新聞)


うーん、実はあまりシックじゃなかったか。。。

しかし、京都に行くといつも思います。これはやっぱりすごい、と。オフシーズンのこんなときでも観光客も多いし、しかも、それを余裕で受け入れる受け皿がある。どこに行っても見るものもたくさんあるしねぇ。
今回,生まれてはじめて自分で「八つ橋」を買ったかも。
別窓 | 徒然なるほにゃらら | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。