~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

学習机#4 引き続き反り止めの「蟻サン」

はい、昨日の続き。
天板の裏側に台形の溝を掘り、そこに合う雄木を入れるという部分です。

蟻型のルータービットを使って、雄木を作るところまでやっていましたが、今度は天板の方に溝を掘って行きます。ポイントは「キチキチ」度合い。5分の3か3分の2くらいは簡単に入って、残りはガチガチしめながら、入るように調整をするのですが、ほんの少しでも溝を広げすぎてしまうと、一気に一番奥まで入ってしまう「スカスカ」になってしまう。それでは反り止めの意味がありません。

IMG_7701.jpg

ガイドレールをコンマ何ミリか動かしては、溝を広げていって、ちょうどいいところまで調整。慎重に、ゆっくりと。

IMG_7703.jpg

手で押し込んでこの辺りまで入るようになったところで、一応終了!
今度は反対側。また時間をかけて調整。。。


さてさて、両方良い感じで出来たのですが、実はこのパーツ、反り止めと同時に、引出しのレールの役目もになっております。ということで、レールを入れる。溝を掘って。。。

IMG_7706.jpg


レールを打ち込む。
ここは、特にシビアなパーツではないですが、簡単なので、ピッチリキッチリに調整して、接着剤は使わずに打ち込むだけにしておきました。多分、問題はなし。

IMG_7707.jpg


さぁ、後々にカンナ掛けやサンダーをかけるのは難しくなってしますので、天板の裏面だけ先に磨いてから、雄木をはめ込んで行きます。

わかってた。わかってはいたんだけど、ここがかなりキツい。体力最大限に消耗。ある程度のところまではハンマーで打ち込んで、その後はクランプで締め込む。少しずつしか入って行かないけど、それでいい。しかし、しんどいわ。。。約一時間かけて、一番奥まで到達!

IMG_7710.jpg


クタクタデスワ。


最後に、蟻溝のフタを作って入れてあげる。

IMG_7714.jpg

(ちょっと割れてしまってますが、これ裏側だし。。。どうしよう?!?いや、後ほど、この部分が亡くなる程度に全体を削りますかね・・・)


久々に木工で体力使ったわ!
スポンサーサイト
別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

学習机#3 天板の反り止め

学習机のお制作3日目です。3日目と言っても,毎回制作にかかれる時間は短いので、トータルの時間は少しですが。

先日、接ぎ合わせて一枚になった天板を、まずは机サイズにカット。なんだかせっかく大きいのを短くしてしまうのは心寂しいですが。。。ということで、記念に一枚パシャリ。

IMG_7691.jpg

一般的な学習机よりもかなり小さめですが、幅が90cm。そこでカットします。
カットした面はかなり歪んでしまったので、ルーターのストレートビットを使って、平面出し。
2枚に分かれちゃって、こんな感じ。

IMG_7692.jpg


さて、ここからが本日の本題。
天板はベニアではなくて、無垢材ですから、時間が経ち、湿度や温度の変化で必ず反ってしまいます。それを防ぐ意味で、反り止めの部材を加工していれます。「吸い付き蟻桟」といいます。板の裏側に蟻型(台形)の溝を彫って、それに合わせて同様に蟻型の桟を刻んだ雄木を叩き込んでいくというものです。季節や湿度、温度の変化で絶えず動く木に柔軟に対応できるように接着剤を使わず、伸縮を逃がすようにします。

まずは雄木を加工。これも天板と同じ、ブナを使いました。蟻溝用のルータービットを使って、角を蟻型に。

IMG_7694.jpg


そして、次に、これにあうように天板の裏に溝を掘って行きますが、スカスカでは意味がなく、キチキチでは奥まで入らないので、溝の奥へいくほど細くなるようにテーパーをつけて、最初は手でもするっと入るけど、最後はクランプでガチガチしめて行かないと入らないように微妙に調整しながら、溝を掘って行きます。

と、そこの調整に入る前に本日タイムアップ。うーん。なかなか進みませんな。



別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

雪降る美山のコンサート 茅葺音楽祭2013 雪にまみれてきました

年に一度お邪魔してます、京都府美山町にあるかやぶき民家でのコンサートにこの週末いって参りました!

IMG_2957.jpg


いつも前日から友人宅に家族でお邪魔をして、雪遊びをしたり、ワイワイいいながら、2日目にコンサートというスケジュール。そして、今回もわかっていたものの、「雪」に翻弄される!
実は去年は途中で身動きが取れなくなり、迎えに来てもらうというスッタモンダもあったものですから、ちょっとトラウマ。そして、出発前に調べると、この冬一番の寒波が週末に来るとの予報。。。心の中では「ヤッパリカ」と。。。

ところが、実際に夜が明けてみると、神戸は快晴!そして、美山の方も電話で確認したら、奥の方でも雪が大丈夫だとか。この週末は「雪灯篭」のイベントもあるのに、そのために雪が足りないとかなんとか。これなら自力でいけそうだ!(日本海の方は積雪が多かったみたいですが)
実際に行ってみますと。美山町に入った辺りから少しずつ道ばたの解け残った雪が見えだしたものの、道は全く大丈夫。泊めていただくお宅の近辺はかなりいつも積雪量が多いですが、それでもこんな感じ。

IMG_7625.jpg

よかったわぁ。無事に到着して、子供たちはいきなり雪遊び。前に降った雪が残っているものなので、かなり硬い状態で、体重をぐっと入れると「ずぼっ!」と30cmほど落ち込むような。これはこれで楽しいです。

ところが、この夕方から少しずつ雪が降り始め、積もりはじめ。。。アレヨアレヨというまに15−20cmほど積もってしまった。
「わぁ、明日出て行けないかも???」
まぁ、深く考えても仕方ないので、とりあえずワイワイやって、ぐっすり寝る。。。起きる。。。ばばーん!

IMG_7662.jpg

真っ白でした。

そうはいっても、とりあえずは雪遊び。。。

DSC_2203.jpg

DSC_2214.jpg

DSC_2235.jpg

まぁ、こんな場所なら永遠に遊べそうです。

しかしながら、当然問題はここから会場の場所までの移動です。幸いなことに、天気はよくて、少しずつ道にある雪は溶けはじめた。結局のところ、ちょっと不安を感じたのはこの家の駐車場から出て、すぐに左に曲がるそれだけ。後は凍結もほぼなく、なんとかかんとか。


IMG_2945.jpg



そして、コンサートでは、普段、僕はあまりやることのないようなクラッシックや沖縄の民謡などもあり、オリジナル曲やお耳馴染みの曲も。アットホームな雰囲気、薪ストーブの暖かさ、窓の外には雪!

IMG_7684.jpg

IMG_7687.jpg


僕にとっては3回目のこのコンサート。他のコンサートにはない、独特の味わいがあって、だからきっとたくさんのファンがいるんだろうなぁと思います。

来年も楽しみにしてまーす!
別窓 | 音楽 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

学習机、お制作 2日目。

なかなか、サクサクとは進まない学習机の制作。何といっても、まだどんなデザインにするかはっきり決まっていません。うぬぬ

そんな中、とりあえず、天板の2枚接ぎを終えたので、クランプを外し、とりあえず、表面の処理をしました。
一つは、大きく木目に沿って割れている部分があるので、そこに割れ止めのために「チギリ」というクサビを入れます。
だいたい、売っている学習机で天板が割れたまま!なんてことはまぁ考えられないですよね。でも個人的には、こういうところに、味があるといいますか、個性があるといいますか。。。奇麗な木なので、割れているからって使わないのももったいないし。


楔(ちぎり)というのはこんな蝶々の形をしています。みたことありますかねぇ。

IMG_7590.jpg


で、まずはクサビになる木片を切り出し、埋め込む部分に形を写して、それに沿って、掘って行きます。僕はまず、トリマーで荒堀をしてから(トリマーだと、一定の深さを正確に掘れますので)、さいごにノミで細かなサイズに仕上げて、最後にクサビの方を少しずつ削りながらぴったりよりも少しキツいくらいに調整。

IMG_7591.jpg


良い感じになったら、ここぞと思い切って、ゲンノウでがつがつ!

IMG_7592.jpg


しっかり乾燥させてから、カンナで出っ張りをとり切るとこんな感じです。

IMG_7594.jpg


割れ止めという役目もありますが、作品のアクセントになるし、子供としてもチョウチョがついているというのは遊び感覚としても大切かな、と。。。



さらにもう一つ。この天板のなかなかいい部分に、一部だけえぐれたような割れがあるのです。これが厄介者。チギリを入れるような、縦にバッチリ入った割れではなくて、この部分にだけ木の発育を妨げる何かがあったかのようなそんな感じ。これはどうしたものか???
チギリでアクセントを付けたように、思い切って、色の濃い木片を割れの部分にパッチワークのようにあてがうか?とも考えたけど。。。
実は今あるアイデアでは、天板にはさらにアクセントになるものが追加されるかもしれず、そうなるとちょっとゴチャゴチャしすぎ、ここは、何事もなかったかのように、奇麗に処理をしたいなぁ。。。


ということで、以前に使ったものの端材箱のなかに同じ「ブナの木」を何とか探し出し、割れの部分に埋め込むことに。

IMG_7596.jpg

IMG_7598.jpg

こちらは形はシンプルですが、目立たないようにきっちりと!

で、出来上がりはこうなりました。もちろん、目を皿のようにすれば一目瞭然ですが、気にしなければ気にならない!(落語か?)
IMG_7599.jpg

よし、今日はこんなもんで許しといたろう!



別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

学習机、お制作へついに突入! #1

先日届いた、天板用の木。
今日はこの木を半分に切り、2枚を接ぎ合わせるところまでやってみました。

IMG_7584.jpg



いたを接ぎ合わせるのには「ビスケットジョインター」という工具と「ビスケット」という、ホントにビスケットのような形をした木片を使うと、奇麗にしっかりと接着できるのですが、そうそう出番のある工具でもないので、僕は持っていません。


ということで、それと同じようなことをトリマーを使ってやってみました。天板の上面から同じ深さになるように、トリマーにガイドをつけて、溝を掘り、(今回は幅6mm)厚さ6ミリの木片をビスケットとして使いました。

Photo 1


で接着剤の塗ったら、一気にクランプで締込みます。

Photo 2


本来はクランプは各方向から互い違いに締込む方がいいのですが、このまま放置しないといけないので、場所のカンケイで今回は同じ方向からのみ!

これで出来上がった板のサイズは、1240X580mmになりました。

作ろうとしている机のサイズは幅が900mm、奥行きが580mmなので、このままだと長過ぎます!
これがどうなるか、乞うご期待!



別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

雪降る美山のコンサート 茅葺音楽祭2013

毎年冬に、京都府美山町にあるかやぶきの民家でのコンサートに出演させて頂いております。
そして、今年は今週末!今日は出演者3人揃って、最初で最後のリハーサル!

僕にとってはいつもとは全然趣の違うこの編成、何といってもギター/ボーカルの僕にバイオリンとヴィオラ・ダ・ガンバですからね。選曲もクラシックから沖縄民謡、オリジナル曲もあれば、ジョンレノンもあり!何ともバラエティに富んでいるではないですか!
3人それぞれ、個性も音楽の方向性も違うのですが、それがまた面白いし、新しい発見に繋がったり、見え方をかえてくれたり。やっぱり音楽って自由な発想の中で楽しめるものだと感じます。


yukifuru.jpg

いやぁ、残念ながら、今日のリハーサルは時間が非常にタイトで、写真を撮るのをすっかり忘れていました。。。ということで、去年の本番の様子を。。。

0fd890f6-bfc6-41d2-accf-1d2c4d0dc4a3.jpg


そして、今一番の感心事は。。。雪大丈夫???美山まで無事たどり着けるのか?!?


乞うご期待?!

別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

学習机のシーズンです。

年明けから3月いっぱいまでかかって、息子の学習机セット(机、引出しワゴン)を作ったのがちょうど4年前。

IMG_7297.jpg

そう、そして今年。4歳下の娘の入学です。

ということで、にわかに動き出しました「学習机プロジェクト」第2弾です。

とりあえずは天板がないと、動き出せないじゃぁないの?ということで、こちらゲットしてみました。

0fd890f6-bfc6-41d2-accf-1d2c4d0dc4a3.jpg

ブナの木です。
この長い木を接ぎ合わせて、天板にするところから取りかかるべか!という感じでございます。
いやいや、どんな机にするのか、デザインも考えないといけません。。。




別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

まだクリスマスのことかいな?

「来年のことを言うと鬼が笑う」などと言いますが、こちらは去年のこと。。。

そう、木工で作ったクリスマスプレゼント、今度は息子篇です。
娘の箱とは少し趣が違って、こちらは明らかに「パズル!」ですが、シンプルな構造で、よく考えられています。

出来上がったものがこれ。
IMG_7295.jpg

そしてバラしたものがこれ。
IMG_7297.jpg


バラすのは最初の一つを見つけられれば意外と簡単。
組み立てるのも、根気よくやれば、最後の一本以外はすぐにできるけど、最後の一本がどうやってもはいらない!ということになっています。

パーツは全部で12本。11本は全く同じ作り。12本目だけに一つ、溝が加わっています。

このパズルの面白いところは、出来上がったものの、中に空洞があるので、その中に物を入れておくことが出来る。娘の箱もそうでしたが、「入れ物パズル」とでも言うのでしょうか。クリスマスなので、ちょっとしたプレゼントを入れてあげました。「プレゼントとして作った木工作品」の中に入っている「プレゼント」って、ちょっとやりすぎたか?
別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

今年一発目、ポロドッグ

さぁて、いつまでも正月気分ではいられませんね。
そう、ポロドッグでの新年一発目のライブも、今週金曜日です!

年明け、元気よくスタートしたいもんです。今月は11日と25日!
張り切って参りまーす。



377580_4442949121182_1223153455_n.jpg
*こちら、以前のライブの様子。ブルースハープの小野さん、ご一緒に演奏していただきました。




ポロドッグ三宮店はヤマダ電機(以前の星電社)の裏手、ユザワヤの隣のビルです。

polosannomiya.jpg


時間は20時から23時頃まで。
外国人の多いバーですが、料金はお安いですし、チャージもありません。気軽に飲みに来て頂ける素敵な場所です。ぜひ遊びに来て下さい!




ポロドッグのホームページ

別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

手がけたギター曲集が出版されました

遅ればせながら、皆様明けましておめでとうございます。
年末年始はいかがお過ごしでしたか?

僕はのんびりとできたか?な。。。
不摂生がたたり、少しばかしのどの調子が。。。

さてさて、実はそんな中。(どんな中?)
僕がアレンジを手がけたギター曲集が出版されました!(ぱちぱち!)

IMG_7177.jpg


実はこの楽譜集、以前に一度出版されているのですが、そのうちの一部を差し替えて新版として出版することになり、その差し替え部分の曲のアレンジを担当させて頂きました!(よっ!)

IMG_7176.jpg


* * * *
新版ブラウン管から ギター-(゚∀゚)-!!!!!


ギター-(゚∀゚)-!!!制作委員会 編

版型/頁 : B5横判/96頁
JAN : 4511005080844
コード : ISBN978-4-11-270353-0
定価(税込) : 1,575円 (本体1,500円)

あのおもしろギター曲集の元祖が、新しくなってパワーアップ!この本とギター1本で、アナタも宴会芸のヒーロー。忘年会、クリスマス会、新年会で余興をお考えのギタリストの皆様におススメです!

* * * *


77曲収録!CMやテレビ番組、映画のテーマソングなど、どれもお耳馴染みの曲をギター一本で弾けるようにアレンジしています。
僕が担当したのは10曲、

「ドリフ音頭」
「8時だよ!全員集合のオープニングマーチ」
「ガリガリ君のうた」「徹子の部屋のテーマ」
「おしゃれカンケイ”16小節のラブソング”」
「世界の車窓から」
「トドクロちゃん」
「俺とおまえと大五郎」
「タモリ倶楽部オープニング」
「サントリーCMウイスキーがお好きでしょ」

です。

もちろんこの他にもたくさん、おなじみの曲が入っています。

宴会芸としても面白いかもしれないですが、一曲ずつが短くて(最長でもB5サイズの見開き2ページまで)、短時間にこちょっとギターを弾くのにもってこいかと。ぜひお近くの楽器店などで手に取って見てみて下さい。
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。