~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

インカ・マヤ・アステカ展

今日は神戸市立博物館「インカ・マヤ・アステカ展」に行ってきました。

インカ


紀元前・紀元後、中南米に栄えた不思議な文明について、まだまだわかっていないこともたくさんあるようですが、それでも少しずつ判明していっているようで、なかなか興味深い内容でした。

インカ・マヤ・アステカなどのこれらの文明、それぞれに時代も文化も違うようですが、共通していたように思うのは森羅万象を神と崇め、自然を偉大なものととらえ敬っていたということ。アステカ文明では太陽はその昔に神々が自らを犠牲にして作り上げたものと考えられており、その太陽のパワーを絶えさせないために、生け贄を捧げ続けたらしい。
その方法は今の僕たちには野蛮に思えるけども、逆に今の僕たちが自然の恩恵を受けていることに感謝して、何かを犠牲にしているかと思うと恥ずかしくなってくる、そんなことを考えてしまいました。

やがてこれらの文明は、ヨーロッパ人に滅ぼされてしまうのだけど、もしも今も現存していて、大きな勢力を保っていたなら、今の世界は大きく違っただろうな。

しかし、どの文明にもたくさん登場する神々の像。決して、かっこいいとはいえないものばかり。どちらかというと不格好な、滑稽なものさえも多い。なんだか好感が持てるなぁ。かっこいいものに人々は安堵を覚えたり、敬ったりするわけじゃないだねぇ。
スポンサーサイト

別窓 | 徒然なるほにゃらら | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ヒーローのシンプ | ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら | 子供イス(2種類)>>

この記事のコメント

現在の私たちは、環境とそれにまつわる生物を生け贄にして、繁栄しています。
でも地表の状況はけっこう荒らしていますが、地球自身にとっては別にどうということはないようですね。
水と空気は地球にとって、あくまでも副産物でしかないのですもの...。
時期が来て、地球がその気になったら、人類なんてあっけなく滅んでしまいます。
昔の人々は、本能的にそれを知っていたのではないのでしょうか。
それを恐れるが故に、大きな代償を払っていたのではないでしょうか。
2007-10-31 Wed 08:43 | URL | 下村 #-[ 内容変更] | top↑
こんなに学問も進化して、いろんなことがわかっているのに、わかっているからかな、本能で感じるべき危機がわからなくなっているのかな。
とりあえずのところ、本日の晴天に感謝して朝から、車ではなく自転車で子供を幼稚園に送り、用事をして、この家までかえってきたらもうへとへとです。坂道だらけのこの界隈を自転車でうろちょろするというのは、僕なりに体を生け贄にした、ということで。。。
2007-10-31 Wed 10:35 | URL | すぎた #-[ 内容変更] | top↑
そんな難しい話は☆居酒屋・いーじん、で鍋でもつつきながら語りましょうhttp://blog12.fc2.com/image/icon/i/F9AE.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">。OHー、NOさんも巻き込んで。http://blog12.fc2.com/image/icon/i/F9CD.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">如何ぁー。
2007-10-31 Wed 11:43 | URL | いーじん。 #SFo5/nok[ 内容変更] | top↑
難しい話題を鍋でオバカ論議。さんせぇ~!
2007-10-31 Wed 12:06 | URL | すぎた #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。