~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ヒーローのシンプ

最初に断っておきますが、アメリカのバンド「イーグルス」は僕にとってヒーロー的存在。誰になんと言われようが、ひいき目で見てしまうのです。ということで、以下の文章もそれを加味して読んでいただけると良いかと。

先日、28年ぶりにイーグルスのスタジオ録音のアルバムが発売されました。
きゃぁー、何としてでも聞かねば。。。ということで、早速購入、聞きました。

第一印象は「新曲だけど、イーグルスサウンド」。これはかなり難しいことだと思うんですね、前のままだと面白くないし、かといって全くかわってしまうのも、ファンとしては寂しい。でもこれはまぎれもなく、いいところをついている。ばっちり決まっているコーラスも健在。メンバーそれぞれの個性もうまく出ているし、(ジョー・ウォルシュのリードが20曲中2曲というのはちょっと個人的には寂しいけど)2枚組、20曲といっても全然長さを感じさせない、聞き始めたらあっという間。
サウンドに関して言えば、アコースティックギターの音がもう少し暖かかったらいいのになぁ。何だか今風の金属的な響きで残念。もっと木のぬくもりが聞こえてきたら嬉しいんだけど。それはMTVアンプラグドのときのアルバムでも感じたんだけど。

海外のCDですから、日本国内版と輸入版があるのでしょうが、僕が買いにいった店は小さくて、国内版しかおいてなかった。どちらでも良かったんだけど、国内版には1曲、ボーナストラックがある。これはファンとしてはぜひ手に入れておきたかったので、これでよし。
ただーし!この20曲プラス1曲にすべて邦題がついている。今の時代、こんなもんいるか?と、僕個人は思うのですが、いかがなもんでしょうか?中でもこれはいかんやろう?というのが、「CENTER OF THE UNIVERSE」が「宇宙の中心で愛を叫ぶ」。おいおい!確かにラブソングだけど、歌詞の内容は「ここは宇宙の中心ではないけども、それでも僕はかまわない」と言っているのに。頼むよ、レコード会社のおっちゃん!(おねえちゃんかな)

ひゃぁ、でもこのアルバムをテーマにまた日本に来てほしいなぁ。見に行くよぉ!

って、今日は見に行かれる方です。紙ふうせんのリサイタル。これから大阪は中之島公会堂へ行ってきます。新曲もあるし、編成もいつもと全然違うのですごく楽しみ。雨じゃなくてよかったなぁ。


ロング・ロード・アウト・オブ・エデンロング・ロード・アウト・オブ・エデン
(2007/10/31)
イーグルス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

別窓 | 音楽 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<紙ふうせんリサイタル2007 中之島公会堂 | ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら | インカ・マヤ・アステカ展>>

この記事のコメント

「宇宙の中心で愛を叫ぶ」・・・かなり受けました。
訳は低脳ですが、ネタとしては秀逸ですよコレ。寸毫の迷いもないパクリっぷりがいい!
というわけで、あんまり面白いのでこのネタ日記で紹介するかもしれません。
2007-11-02 Fri 15:20 | URL | ぺぐ #-[ 内容変更] | top↑
どーぞどーぞ。こんなことでよければぜひとも使ってやってください。
ほんと、ちょっとは躊躇してほしかったなぁ。
2007-11-03 Sat 01:01 | URL | すぎた #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。