~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

今頃?

あけましておめでとうございます!って、もう12日も経ってしまいましたが。。。
そう、年末年始はブログも更新しないで、ぼーっとしていたわけですね。

さてさて、今頃になって年始のご挨拶もなんですが、ついでなので、その少し前、前フリしていた、子供たちへのクリスマスプレゼントのご紹介です。

子供は2人ですので、プレゼントも2つ。12月半ばまで机の制作をしていたのもあって、クリスマスに向けてかなりがんばって作りました。ややこしいのでブログも2回に分けて書こうかな。

では、まず最初は下の娘(一才半)に作ったおもちゃ箱&すべり台。
秋頃から、公園に出かけたときにはすべり台がかなりお気に入りになったようで、僕の膝に乗っていても、この短い足をすべり台代わりに滑って喜んでいましたので、まぁ、そういうのがあってもいいかなぁ、と。

すべり台1

すべり台2

すべり台3


んまぁ何というか、これは見たままです。自宅に大量に買いだめていた1X4材を使って、高さ45cmほどの箱をまず作りました。各段はダボはぎで。(ダボって何やねん!という方はもうひとつのプレゼントの方を参照していただけるとわかりやすいかも)一番最上段の上にすべり台になる板を入れられるように斜めにカットをいれて。
ふたの方はデザイン的にも面白くなるように額縁のような感じ。(なんか名前があるんでしょうが、知りません。。。)

すべり台にするということで、最大のポイントは強度と安全性。子供って思っているような使い方だけをするわけでもないし、乗ったり滑ったりしているときに崩れてしまっては大変です。それに加えて、おもちゃ箱という性質上、移動できないというのは困るけど、滑っているときにガタガタ、動いてしまうのも危ない。ということで、最初はどうしたら良いかといろいろ思案していましたが、実際に作り始めてみると、これくらいの大きさになると、箱自体がかなり重たくなるため、子供が自分で移動させることもできないほど重たいし、(もちろん、横から押せば動きますが)子供が乗ったくらいではビクともしません。実際に、僕と5歳の子供が一緒に乗っても全然不安がないほどです。

塗装は箱の部分はいつもと同じオイル仕上げですが、すべり台の部分は少しでもスムーズに滑るようにラッカースプレーを使いました。(もう何でもかんでも口に入れる時期は過ぎたようなので)

さて、娘の方は結構喜んで遊んでくれています。5歳の息子もまだまだこれで遊べるようですが、彼にすれば少し滑る部分が短すぎてすぐに足がついてしまうようですが。もちろん、おもちゃ箱ですので、収納も結構できるし、イス代わりにしたり、つくえ代わりにしたり、結構重宝しています。

で、最後に次回への前ふり。

すべり台4



すべり台の手前に並んでいるのが、5歳の息子へのプレゼントです。
イッタイナンダロウカ???
スポンサーサイト

別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ワン・ストップ・カフェでライブします! | ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら | マイデスク~現在>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。