~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

レジがだいぶん出来てきた

5月11日に迫ってきた娘の2才の誕生日。
なんとかその日までにと作っている「木製レジスター」、けっこう出来てきました。

20080502033.jpg


まずは引き出しをばっちり作ってしまってから、引き出しに合わせて、レールを作り、さらに前面のボタン類を。これが思った以上に悪戦苦闘。単純にバネを使おうかと思っていたのですが、買うと結構な値段がするし、何か使えるものがないかと思っていたところに親戚の家でおもちゃの電子ピアノを処分するという話を聞きつけ、早速分解。鍵盤ごとにバネが入っているかと思いきや、使われていたのはシリコン。確かにバネのように弾力はあるものの、その距離は比較的短め。まぁ、でも使えそうなので、トライしてみました。しかし、その距離の短さが結局ボタンの精度にも直接関係することが使ってみて判明。ボタンが押されていない状態で、ぴったりとこのシリコンがボタンの裏に接触し、その状態を各ボタンで保てないと、緩ければボタンがぐらぐら、きつければボタンを押してもへこまない。まぁ、これはなんとか「子供騙し」程度には出来たかなぁ。。。
それとボタンにもうひとつ、穴をあけるのが簡単ということで、ボタンは丸にしましたが、組み立てている段階で、丸だとボタンがくるくる回って一定の方向ではキープにしくいことに気づく。これは苦肉の策で、裏側でなんとか回りにくくするガイドをつけることで回避。ボタンを押したらたった、1-2ミリほど沈むようにしたいがために、結構な苦労をしてしまった。。。

前面にはボタン以外にもカードを通す部分と、右上に赤く見えるのはマグネット。最上段は値段の表示部分ですが、ここは紙製の数字カードを作って、自分で置いてもらうようにする予定。引き出しも手動で引き出すので、レジといえど、かなり想像力と労力が必要な代物です。まぁ、想像力も労力も遊ぶ中では惜しんでほしくないという親の願いが詰まったプレゼントということで。

あとは微調整と、見えていない後ろ面を作ること、塗装を仕上げ、その後、コインと紙幣、値段表示用のカードを作る予定です。もう一息、いやふた息かな。

そう、こんなたいしたことない作品でも、一応は簡単な手書きの設計図を作って、作業台の前に貼付けています。後々、見たときにも記念になるしね。

レジ設計図


スポンサーサイト

別窓 | 木工 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<偽造紙幣? | ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら | 円高の影響。。。(その3)>>

この記事のコメント

ギターのみならず、木工まで。。。
感動しました(T0T)
2008-05-04 Sun 00:27 | URL | リヒト #-[ 内容変更] | top↑
こちらはもちろん、正々堂々と趣味ですし、全くの素人&我流ですから実はオハズカシな部分もたくさんありますが。写真だとうまくごまかせるし。。。はっはは
2008-05-04 Sun 08:11 | URL | すぎたじゅんじ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。