~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Kaki King って、日本語にしたら「柿王」?

つい最近、インターネットで見つけたアーティストですが、Kaki King という女性のギタリストがいます。(名前は大きな柿みたいですが)若い女性では珍しく、ギターのインストを弾いている人で、「わぁ、こういう世界もあるんだなぁ」と、冷やかし半分で見てみるだけでも結構面白いですよ。
すごいのは、左手を全編、ネックの下からではなく、上から押さえているんです。これくらいのリズム/グルーブ感がギター一本で醸し出せるようになったら、楽しいだろうなぁ。




I just came to know this young guitarist at YouTube, but if you like guitar sound, maybe you found this really interesting. Mmm, maybe you already knew her, though.
I know many guitar players who plays instrumental songs with tapping or slumming, but all were men so far as far as I knew.
I believe it will be really exciting if I can play songs with groove like this only with an acoustic guitar.
スポンサーサイト

別窓 | 音楽 | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Glass Pen from Otaru, Hokkaido 小樽で買ったガラスペン | ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら | 「すぎたじゅんじ」的お知らせ。(8月以降)>>

この記事のコメント

最近、この奏法って、流行なんでしょうかねぇ。
映画「奇跡のシンフォニー」でもやってましたねぇ。
一つの表現方法なんでしょうねぇ。

最初は驚きましたが、特殊なチューニングと音響に頼っているところが大きいみたいですね。

2008-07-28 Mon 08:46 | URL | 下村 #-[ 内容変更] | top↑
そう、確かにあの映画でも「これ系」がメインで入っていましたね。ある程度、ラインに繋ぐことを前提として、ギターをパーカッシブに使うことで、今までとは違ったアプローチをしてるんですねぇ。
最大のポイントは、インパクトとリズムに重点を置いていると、メロディアスでなくなってしまうことですね。どんな曲か口で言おうとしても、リズムしか言えないというか。
2008-07-28 Mon 09:38 | URL | すぎた #-[ 内容変更] | top↑
柿ではなく牡蠣だとすると、女性ギダリストだし、何か意味深……ならKakiQueenか。
下ネタで、すいません。
2008-07-28 Mon 10:05 | URL | kei #u/iAkt.g[ 内容変更] | top↑
わはは、朝の10時にいただいたコメントとは思えないですが。また一緒に飲みたくなりました。次にお会いするのは9月ですかねぇ。
2008-07-28 Mon 12:27 | URL | すぎた #-[ 内容変更] | top↑
9月のリサイタルですね。今日やっと予約しました。
10月の下諏訪にも行きます。
ところで、下諏訪の翌日、大阪で昨年の渋谷フォークジャンボリーみたいなイベントが開催され、紙ふうせんも参加しますね。翌朝トンボ帰り、じゃないですか?
2008-07-29 Tue 16:26 | URL | kei #u/iAkt.g[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。