~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

クリスマス木工2008年(その1)

さてさて、恒例になりました(?)子供たちへの木工クリスマスプレゼント、今回はその第一弾、娘へのプレゼント。
何の変哲もない箱でございます。

20081226319

で、中をあけますと、何の変哲もない「オルゴール」になっております。

20081226320

曲は「星に願いを」。

実はこの木材、近くに住んでいただけど、今年なくなった親戚のおばちゃんの家にあったタンスの引き出し。処分をするというので、もらってきていました。黒く見えている部分は家にあった欅の木ですが、それ以外はすべてこのタンスで出来ております。

ふたの部分は、何のデザインもないと寂しいだろうということで、こういう寄せ木に初めてトライ。
20081209307
こんな感じに接着をして、カンナをかけて、カットしたら、なかなか趣が出ました。

しかし、オルゴールの音ってこういうケースに入っていない状態だとすごく小さくて、初め試しにならしてみたときは「こんな小さな音で大丈夫かなぁ」と思ったけど、箱の中に入れてみてびっくり。子供たちにはオルゴールであることも隠しながら、掘込みのガレージ工房で作業をしていたんだけど、あまりの音の大きさに、家の中にも聞こえてしまうんじゃないかとヒヤヒヤしたくらいで。

ということで、せっかくですので、ちょっとその音色も聴いていただきましょう。。。


スポンサーサイト

別窓 | 木工 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<クリスマス木工2008年(その2) | ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら | 大掃除のお供に>>

この記事のコメント

寄せ木細工、なかなかのものではないですか。

きっと、一生の宝物になりますよ。

オルゴールって、想い出に深く関わってくる一品ですものね。

追伸:クリスマスカードありがとうございましたです。ハイ。
2008-12-28 Sun 08:19 | URL | 下村 #-[ 内容変更] | top↑
そうみたいですねぇ、僕は男なので、オルゴールをプレゼントされた想い出はないのですが、やっぱり音楽と記憶というのはある意味インパクトのある形で残るのかもしれないですね。
うん、娘にとって何か残ってくれたらいいなぁ。
2008-12-28 Sun 15:26 | URL | すぎた #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。