~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

テープカッターは奥深し

以前に自分用に作ったテープ台。最近はめっきり息子の部屋に連れて行かれることが増え、もう帰ってきてくれそうにありません。じゃぁ、ということでもう一個作ることにしました。

前回からの反省/改良点を加えたバージョン2です。

改良点は
1)前のでは片手でテープを引こうとした場合、台自体が一緒に引きずられてしまうため、両手を使わないとテープが切れなかった。ので、重みを加えるため、中に鉄板を入れ、重さをアップ。ウレタンフォームを底面一面につけた。これが大成功。重さは480グラムから800グラムへと。重さが増した分、重厚感があり、これも同時にいい感じ。ただし、脚の上に落としたら泣きますね。
2)デザインがいまいちだったかな。あまりに単純だった前回の方。作るのはシンプルなので早いですが。
3)問題点ではないけど、テープを入れているスピンドルを交換するために、サイドの板には溝を入れないといけなかった。溝自体はトリマー/ルーターで簡単に入れられるけど、上から見たときにちょっとかっこ悪いし、何か構造を変えて、溝なしでいける方法にしたかった。

ということで、出来上がりました。こんなんです。

From woodworking


From woodworking


From woodworking


From woodworking

テープ交換の際は、このように取り外してテープを変える。簡単です。

From woodworking

こちらが古い方との2ショット。

さて、実際に作ってみて。。。テープを切る部分の金属が、実際にテープがはがれる部分の高さよりも高くないとだめだということがわかりました。というのも、最初はこの部分が後2ミリほど低い位置にあって、それだと切ったテープの残り、本体側が、金属にかからず、テープの丸いところへヒラヒラと戻ってしまうわけです。そうなれば、端を探すのにイチイチ、いらいら。
この金属部分が高ければ、テープを切る際に、しっかりと金属に密着するので、大丈夫です。なので、このバージョン2も高さはギリギリ。出来ることなら高さを付け加えたいところですが。。。構造上無理。


ということで、この新しいのが息子の部屋へ嫁入りに。古い方が出戻りで帰ってきました。

***************

As you see in the last photo or 2 tape dispensers, I had been using the box type one on my desktop which I made several years ago. But these day, my son just keeps it in his room, so I decided to make one more with improvements from the old one.

The problems of the old one were…
1) It can’t be used by one hand, meaning when you pull the tape, the dispenser itself also moves, so you have to use the other hand.
2) The design is kind of boring.
3) this is not a problem, but to place the spindle, there needed to be slits for 2 sides. So I wanted to try something without this structure/device.

The old one, I used cement at the bottom of the box, but as a result it was not heavy enough, just weighs about 450g, about 1lb. So this time, I used metal plates, 150×35 x 12 mm, now the total weight is about 800g. 1.76lb. And used Urethan sheet at the bottom. This worked just great. This time, you can just cut the tape only by one finger.
For the design and structure, you can just see it… The only thing I noticed after I made it, was the cutting ,metal part needs to be at higher level from the tape is comeing off. The last one I made, it is just high enough, but it was just like so without any plan. And this new one, is almost the same level. (it was about 2mm short first, so I learned this) If this part is not high enough, the cut out left tape can’t stick to the metal part, meaning you just lose the tape end, and takes forever to find it…
I used white ash, rosewood, and cherry.

Anyway, I first thought, “A Tape Dispenser” = a piece of cake, but as a result, it is not. Maybe I want to try one more dirrefent design when I have time.

By the way, how come nobody make one of these here? Maybe scotch tape itself more used in Japan? (Almost every house has at least one of these, and every office has one too in Japan) Or scotch tape dispenser needed to be plastic there? Does somebody know???


スポンサーサイト

別窓 | 木工 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<すぎたじゅんじ的お知らせ(6月) | ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら | 指輪が止まりません>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。