~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

月がとっても青いから

「月がとっても青いから」という曲、ご存知の方も多いと思います。
特にこの歌の出だしは歌える人もたくさんいるはず。
ぼくはもちろん、リアルタイムでは知りませんが、やっぱりなぜか、この歌いだしは知っていました。
で、先日何かの拍子にこの曲をフルコーラス聴いてみて、後半部分は全然知らなかったけど、「いい歌だなぁ」と。月が青いから、その時間を出来るだけ長く二人で共有したい。初々しい恋愛だけど、夜道を二人で歩くんだからそれなりの仲ですね。短い歌詞のなかで情景も心情も伝えて、なおかつ聞き手に色んなイメージや思いを吹き込んでもらえる、こういうの好きだなぁ。
これを自分なりにアレンジして歌ってみたいと思っておるところです。

さて、皆さんにご質問。以下が1コーラス分の歌詞ですが、これをしっかり最後まで歌える方、いらっしゃいますかねぇ。やっぱりだいぶん年配の方なんでしょうか。。。

「月がとっても青いから」
清水みのる作詞・陸奥明作曲

月がとっても青いから
遠まわりして帰ろう
あの鈴懸(すずかけ)の並木路(なみきじ)は
想い出の小径(こみち)よ
腕をやさしく組み合って
二人っきりで サ帰ろう
スポンサーサイト

別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<すぎたじゅんじ的お知らせ(8月以降分) | ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら | ケータイで日食>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。