~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ドバイからの手紙

♪ラブレターfrom ドバーイ〜

ではなくて。。。

IMG_6964.jpg


ドバイから手紙が届いた。


***
小学校4年生の息子、夏休みの宿題に世界10カ国の小学校にその国の言葉で手紙を書いた。「夏休み中に返事を下さい」と。
しかし、蓋を開けてみれば、8月末までに届いた返事は、一通。日本最北端、稚内の小学校からだけ。外国からは梨の礫。2学期に入っても毎日、ポストを覗き込む息子。イマイチ、釈然としないまま、提出したスクラップブックも返って来た。

10月に入り、息子、家族も海外からの手紙のことを忘れかけていた時に、「世界一幸せな国」ブータンから手紙が!!!家族一同、大盛り上がり!やったやん。中身を読んでみると、なんでも向こうの小学校に手紙が届いたのは9月21日。日本を出てから2ヶ月もかかっていたのでした。
恐るべし、世界の郵便事情!


そんなこんなで、本日。
ちなみに日付は11月末。海外からの2通目。ドバイから届いた!!!しかもガサッと7通一緒に。
ブータンの郵便事情、ドーノコーノどころではなく、手紙を読んでみると息子の手紙が届いたのは11月に入ってからということ。実に4ヶ月弱。どーですか、この度胸!4ヶ月経っても手紙をなくさないという郵便局もそれなりにすごいじゃないですか?!?
内容を読んでみるとさらにすごい。みんな息子と同じ年の9−10歳で、国籍は実に様々。ブラジルにマレーシア。。。さらには話せる言葉が4カ国とか5カ国とか。
「いつか日本に行ってみたい」「ぜひ文通を」なんて言葉がずらり。

コーフンした息子は、これにどう対応するのか。彼の場合、まだ、アルファベットを書き写すこともままならない。言葉を話せるようになる前から、世界中に友達がいるなんて。


こうなってくると、まだまだ返事の来る可能性もあるはず。いろんな国に送りましたからねぇ。
またポストをワクワクしながら覗き込む日々が続きそうです。
スポンサーサイト

別窓 | 徒然なるほにゃらら | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<お知らせなぞ〜 | ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら | 京都で歌ってきました>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。