~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

音楽産業に思う

レコードがCDに取って代わり、最近はそのCDもなかなか売れなく
なってきているらしい。インターネットなどの技術を利用して、音源
のみを手に入れる方法が出てきたから、とも言われているけど、はた
して本当にそうかな、と思う。
レコードに比べて、輸送が軽く、小さく、破損も少ないCDという媒
体に変わったのに、レコードの販売する側は値段を全く下げなかった。
つまり、何となく便利で新しい物に変わったから、安くて済むところ
を、同じ値段で売ってみたところ、特に何も問題は起きなかった。
で、売る側にしてみれば、一枚のアルバムを売る時に、レコードの時
には何十万枚と売らなければ利益が出なかったものを、数万枚売れれ
ば、それなりの利益が出るCDという形に取って代わって、薄利多作、
いいかえれば「つまらないものをたくさん作る」方向に行ってしまっ
たんだなぁ。
僕にしてみれば、フルオーケストラも入れてスタジオでちゃんと録音
している作品なら3000円払っても惜しくないけど、パソコンの打
ち込み音楽に声だけを乗せたような「ちゃっちい」音楽にはお金を払
う気がしないなぁ。
それともう一つ、同じアーティストの同じライブのものをCDとDV
Dと両方、しかも同じような値段で売るってどうでしょう?映像付き
で同じ値段ならDVD買ってしまうよねぇ。
スポンサーサイト

別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<クリスマスカード | ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら | 「すぎたじゅんじ」的お知らせ。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ~すぎたじゅんじ的~ほにゃらら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。